Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米緩和縮小の遅れがポーランド起債の助けに-利回り低下で


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米緩和縮小の遅れがポーランド起債の助けに-利回り低下で


Bloomberg 10月21日(月)12時33分配信







  10月21日(ブルームバーグ):ポーランドのロストフスキ財務相は、2014年の同国の資金借り入れニーズについて、今後数カ月で大部分をカバーする計画の推進が可能との認識を示した。米金融当局が債券購入の縮小開始を遅らせたことを理由に挙げた。





同財務相は18日のインタビューで、米緩和縮小の遅れが「ポーランドの立場からすれば、助けになるだろう」と説明。「米国の債務上限問題が未解決のまま先延ばしされた現状では、利回りは比較的低水準で推移しよう」と語った。





ポーランドは17日に9カ月ぶりに外貨建て債を発行。総額7億ユーロ(約940億円)の19年1月満期債の発行利回りは1.759%で、指標のミッドスワップレートへの上乗せスプレッドは43ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)だった。同財務相によると、このスプレッドは同国発行の外債としては08年以来最小。





ロストフスキ氏(62)の財務相在任期間は6年と、1989年以降のどの前任者よりも2倍以上長い。同氏の手腕もあってポーランドは08年以降、欧州連合(EU)加盟国で唯一リセッション(景気後退)入りを回避している。





原題:Poland Gets Bond-Push Chance as Fed Delays Taper,Rostowski Says(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ワルシャワ David McQuaid ,dmcquaid1@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Balazs Penz ,bpenz@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131021-00000021-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



GodScalpingRobot~5通貨対応 FX自動売買ソフト~


GodScalpingRobot~5通貨対応 FX自動売買ソフト~


秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1287-1a504c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)