Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

新スポンサー内定、存続へ 鹿島アメフット部 「リクシル」が支援


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



新スポンサー内定、存続へ 鹿島アメフット部 「リクシル」が支援


産経新聞 10月20日(日)7時55分配信







 ■勤務先、変更なし



 オーナー企業の鹿島が今季限りで支援打ち切りを表明していたアメリカンフットボールの社会人チーム「鹿島ディアーズ」の新たなスポンサー企業に、住宅設備大手のLIXIL(リクシル)グループが内定したことが19日、分かった。



 チーム名は来季から「リクシルディアーズ」になるが、選手はそのまま鹿島社員として活動を継続する。リクシルの藤森義明社長が東大在籍時にアメフットチームに所属するなど造詣が深いことや、「プロではなく社会人として仕事と選手活動を両立している」という理念に賛同した。



 リクシルは、遠征費やユニホーム費などを負担する。維持費は年間1億円程度とみられ、関係者は「最低でも5年間は支援が続く」とみている。



 鹿島ディアーズは平成元年に創部され、日本一を決めるライスボウルを2度制覇した。しかし今年4月、鹿島が財政難などを理由に支援打ち切りを発表し、関係者が新たなスポンサー企業を探していた。



 企業スポーツをめぐっては、パナソニックが昨年10月にバスケットボール部とバドミントン部の休部を決めたほか、エスビー食品も今年3月末に陸上競技部を廃部するなど、経営合理化により存続が危ぶまれている。安倍政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復や、2020年東京五輪開催でスポーツ振興が進めば、低迷していた企業のスポーツ支援に弾みがつきそうだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000064-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



デイトレスウィングMT4シンプルトレンドライン


北田夏己の夢資金FX


デイトレスウィングMT4シンプルトレンドライン




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1286-b5682d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)