Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米緩和縮小開始は来年3月にずれ込む、政府閉鎖が成長下押し


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米緩和縮小開始は来年3月にずれ込む、政府閉鎖が成長下押し


Bloomberg 10月19日(土)10時8分配信







  10月18日(ブルームバーグ):エコノミスト予想によれば、米政府機関の一部閉鎖の影響で10-12月(第4四半期)の経済成長が鈍化し、指標発表も中断したことから、米連邦準備制度理事会(FRB)は債券購入プログラムの縮小開始時期を来年3月まで先送りする見通しだ。





ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト40人を対象に実施した調査の予想中央値によると、月間850億ドル(約8兆3000億円)の債券購入ペースは3月18、19両日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で同700億ドルのペースに縮小される見込み。暫定予算の未成立による16日間の政府機関閉鎖の影響で、第4四半期成長率は0.3ポイント押し下げられる見通し。





エコノミストらは9月17、18両日開催のFOMCでの800億ドルへの縮小決定を見込んでいたが、当局はこうした予想に反して現行の購入ペースを維持した。政府機関閉鎖では一時80万人の連邦職員が一時帰休となり、FRBが景気判断で注目する経済指標の発表やデータ収集も中断した。





縮小開始時期を3月と予想するBNPパリバの米国担当エコノミスト、ローラ・ロスナー氏は「データからシグナルを読み取ることは難しくなる。FRBの政策はデータに結び付いている」と指摘。「当局は経済が予想する方向に動いているさらなる裏付けを待っている。データがないか不確定であれば、当局は見通しに十分な確信を持てない」と述べた。





ブルームバーグが今月17、18両日に実施した同調査によると、債券購入は2014年7月までに月間250億ドルに縮小され、同年10月に終了する見通し。バーナンキFRB議長は来年1月末で任期切れとなり、次期議長にはイエレンFRB副議長が指名されている。





原題:Fed QE Taper Seen Delayed to March as Shutdown SlowsGrowth (1)(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:New York Jeff Kearns ;Washington Joshua Zumbrun ;Washington Catarina Saraiva ,jkearns3@bloomberg.net,jzumbrun@bloomberg.net,asaraiva5@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Chris Wellisz ,cwellisz@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000012-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



The Amazing Gift For Forex Trading


FXテクニカルマスター


生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1285-2b7d87dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)