Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

焦点:レッタ伊政権の予算案は切り込み不足、政権維持を優先


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



焦点:レッタ伊政権の予算案は切り込み不足、政権維持を優先


ロイター 10月17日(木)12時44分配信










焦点:レッタ伊政権の予算案は切り込み不足、政権維持を優先


10月16日、イタリアの2014年予算案は、ユーロ圏で慢性的な低成長に苦しむ同国経済のテコ入れには切り込み不足。写真は14日、ローマで開催された記者会見に臨むイタリアのレッタ首相(2013年 ロイター/Tony Gentile)





[ローマ 16日 ロイター] - イタリアの2014年予算案は、欧州連合(EU)の財政赤字比率を順守してはいるが、ユーロ圏で最も慢性的な低成長に苦しむ同国経済をテコ入れすることよりも、だれの反感も買わない内容に収めることを意図したもののようだ。



レッタ内閣が15日に承認した予算案は、資金手当ての無い減税を概ね回避。つまり財政赤字の対国内総生産(GDP)比率はEUが上限と定める3%を下回る見通しだ。



しかしレッタ首相は、雇用関連の税金をより大幅に引き下げるとの期待には応えなかった。ベルルスコーニ元首相による政権転覆の企てを切り抜けた後も、右派と左派の寄り合い所帯である政権がぜい弱であることを映し出した。



ミラノのカトリック大学のジャコモ・バチャーゴ経済学教授は「これは普通の政権の予算だ。政治が長期的に安定しなければ恩恵をもたらさないような、非常に段階的で小幅な措置を数多く盛り込んでいる。しかし、わずか3カ月後にこの政権が存続しているかどうかさえ危ういのだ」と話した。



レッタ首相は以前、予算案の柱として、給与以外の労働コストを引き下げて従業員の手取り給与を増やし、設備投資と低迷する個人消費を押し上げる策を掲げていた。企業も労働組合もエコノミストも、こぞってこれを称賛した。



企業のロビー団体であるイタリア総産業連盟(コンフィンドゥストリア)はこれまで、企業の従業員雇用コストと、従業員の手取り給与の差額である「タックス・ウェッジ」を来年少なくとも100億ドル引き下げるよう要請。多くのエコノミストは政府に対し、さらに大胆な措置まで求めていた。



しかし減税資金を手当てするためには、不人気な歳出削減を行う必要があり、連立政権はそこに切り込めなかった。タックス・ウェッジの削減規模は結局25億ユーロと、不十分との見方が多かった財務省の当初計画に比べても半分にとどまった。



この結果、予算は税金と歳出の傾向を限界的に修正しただけに終わり、大胆な決断や改革よりも政権存続に腐心するという、レッタ政権への評価がさらに強固なものになった。



レッタ首相は記者会見で今後3年間の累積的な減税額を強調したが、予算案で示されているのは2014年の方針だけだ。



政権はベルルスコーニ元首相の企てに打ち勝ったが、多くのアナリストはなお、来年選挙が行われると予想している。レッタ首相が減税分を各所得グループ間にどう配分するかについての決定権を返上した背景には、こうした状況がある。



首相は減税の配分について「議会と社会のパートナーの決定に任せる」と発言。議会は年末までに予算法案を可決する必要があるが、この分では審議は難航しそうだ。



レッタ首相は減税に慎重な姿勢を示したが、財政赤字の対GDP比率は政府目標の2.5%までは下がらない見通しだ。



<ゼロ成長>



イタリアは2011年半ばからリセッション(景気後退)に陥っており、過去10年間の平均成長率はゼロ。政府の2014年成長率予想は1%と、大半のエコノミスト予想の倍だが、バチャーゴ教授によると外的ショックが起こらない限りは妥当な数字だ。しかし外的ショックがあれば、内需が弱く国際競争力も乏しいイタリア経済は「非常に落ち込みやすい」という。



これまでの政権が緊縮財政を実施したため、2014年の財政赤字比率はいずれにせよ今年の3%から2.3%に下がると予想されていた。成長率が小幅ながらプラスに戻り、債務返済コストも低下する見通しなのが支えだ。



従って、今回の予算で必要とされるのは、経済の成長力を高めるための資源の再配分だけだった。



みずほのチーフエコノミスト、リッカルド・バルビエリ氏は「(予算案は)極めて小さな景気刺激にはなるが、歳出により深く切り込み、税負担をもっと大幅に減らしてほしかった。予算案はすべての面で合格点に達しているが、政府はさらなる歳出削減の能力あるいは意欲を欠いているため、どれも非常にスケールが小さい」と指摘する。



バルビエリ氏はまた、予算案が公共建築物の売却による歳入を5億ユーロしか見込んでいない点にも失望した。モンティ前首相は年間160億ユーロの資産売却を目標としていたが、達成はできなかった。



コンフィンドゥストリアと労組は予算案について、来年の手取り給与を月平均5ユーロ程度増やすだけだと指摘しており、冷淡な反応だ。



UIL労組のリーダー、ルイジ・アンジェレッティ氏は「労働税の引き下げはフィクションだと判明した。従って景気回復もフィクションに終わるだろう」と語った。



(Gavin Jones記者)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000064-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



第5回FX攻略.com主催セミナー「長く稼げるテクニカル分析を学ぶ」【懇親会なし】


第5回FX攻略.com主催セミナー「長く稼げるテクニカル分析を学ぶ」【懇親会あり】


ユーロ/円1時間チャートトレード手法




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1281-f27725b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)