Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

TH販売(旧:東急ホームズ)が特別清算開始決定受ける


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



TH販売(旧:東急ホームズ)が特別清算開始決定受ける


帝国データバンク 10月16日(水)10時43分配信







 TH販売(株)(TDB企業コード988204950、旧商号:(株)東急ホームズ、資本金4億円、東京都渋谷区道玄坂1-21-2、代表清算人田中辰明氏)は、10月3日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。



 当社は、1982年(昭和57年)9月、東急不動産(株)100%出資の住宅販売子会社として設立。ツーバイフォー工法を中心とした戸建注文住宅・輸入住宅・建売住宅の建築工事請負のほか、土地オーナーに対する資産活用提案事業などを主力業務としていた。東急田園都市線沿線などを主なエリアとして、近年ピークとなる2008年3月期には年売上高約404億7200万円を上げていた。



 2008年4月には東急不動産(株)グループ内の再編により(株)東急アメニックスと合併。その後、主力の住宅事業が急激な景気悪化の影響で契約の解除や先送りが相次ぐなか、2009年3月期の年売上高は約388億8000万円に減少。同期において当期純損失約28億6300万円を計上し、財務面は債務超過に転落していた。2011年8月には主力事業を別法人の(株)東急ホームズに会社分割で譲渡したうえで、当社は現商号に変更。その後は業容を縮小し、一部不動産関連事業を行っていたが、2013年8月31日開催の臨時株主総会の決議により解散していた。



 負債は2013年3月末時点で約48億7700万円。



 なお、当社が従前手がけていた戸建注文住宅・輸入住宅・建売住宅事業については、現・(株)東急ホームズが現在も行っている。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00010000-teikokudb-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します



s0443【楽販アフィリオ】FXシステムポートフォリオ


Going Real Win トレーディングシステム Professional [2年利用権]


Going Real Win トレーディングシステム Professional [1年利用権]




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1279-f11b0d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)