Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

消費税率8% 設備投資減税の目玉は? 企業意欲引き出し好循環確立へ


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



消費税率8% 設備投資減税の目玉は? 企業意欲引き出し好循環確立へ


産経新聞 10月11日(金)8時0分配信










消費税率8% 設備投資減税の目玉は? 企業意欲引き出し好循環確立へ


企業の設備投資を促す減税策(写真:産経新聞)





 消費税増税に伴う経済対策には、企業に設備投資を促す減税策も盛り込んだ。企業の設備投資意欲を引き出し「設備投資拡大→雇用・賃金への波及→消費増大→企業収益拡大→税収増」という好循環を早期に確立、消費税増税に伴う景気腰折れを防ぎたい考えだ。



 政府が打ち出した設備投資減税の目玉の一つが「税額控除」。工場や機械装置の購入金額の一定額が税金から引かれる仕組みだ。



 この制度は、平成25年度からの2年間限定で、設備投資額を前年度比10%以上増やした企業に3%分の税負担を軽くする制度として導入された。ただ条件が厳しく利用が低迷していたため、今回条件を緩和した。



 企業が新規購入した設備や機械装置の生産性が従来より「1%以上高まる」との条件を満たせば、適用できる仕組みにした。実施時期も28年度末まで2年間延長し、機械装置の購入時には5%(28年度は4%)、建物に対しては3%(同2%)の税額控除とする。



 政府はさらに設備投資減税の選択肢も広げた。1%以上の生産性向上という条件さえ満たせば、税額控除か、現在は太陽光発電など省エネ関連設備の購入時のみに認める「即時償却」と呼ばれる仕組みのどちらかを選べるようにした。



 即時償却は通常3~17年かけて行う費用の計上(減価償却)を購入初年度に一括して経費計上して税負担を抑える仕組み。企業によっては、税額控除よりメリットが出るケースもある。



 ただ、国内企業は過去の赤字などを理由に7割が法人税を払っていない。このため法人税未納の企業にも恩恵が及ぶよう、28年度までに耐震改修を行えば固定資産税を2年間半減させる措置も設けた。こうした取り組みで政府は今後3年間で設備投資額を現状比1割増の70兆円に増やす考え。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000502-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【明日特典削除】逆襲塾


テキストミキサー・エボリューション


PPCオールスター 大阪追加




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1272-e24a839a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)