Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(7日)


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



NY市場サマリー(7日)


ロイター 10月8日(火)7時13分配信







[7日 ロイター] -



ドル/円    終値   96.70/72



始値    96.84/85



前営業日終値    97.45/50



ユーロ/ドル  終値  1.3580/82



始値   1.3571/72



前営業日終値   1.3557/58



30年債



(2105GMT)     98*23.50(+0*13.50)=3.6952%



前営業日終盤     98*10.00(‐0*07.50)=3.7189%



10年債



(2105GMT)     98*28.00(+0*04.00)=2.6302%



前営業日終盤     98*24.00(‐0*11.00)=2.6447%



5年債



(2105GMT)     99*27.75(+0*01.25)=1.4027%



前営業日終盤     99*26.50(‐0*08.25)=1.4108%



2年債



(2105GMT)     99*26.00(‐0*00.75)=0.3452%



前営業日終盤    99*26.75(‐0*01.25)=0.3332%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値 14936.24(‐136.34)



前営業日終値    15072.58(+76.10)



ナスダック総合<.IXIC>



終値 3770.38(‐37.38)



前営業日終値    3807.75(+33.41)



S&P総合500種<.SPX>



終値 1676.12(‐14.38)



前営業日終値    1690.50(+11.84)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)



終値    1325.1(+15.2)



前営業日終値    1309.9(‐7.7)



COMEX銀(12月限)(セント/オンス)



終値    2238.6(+63.4)



前営業日終値    2175.2(‐3.4)



北海ブレント原油先物(11月限)(ドル/バレル)



終値    109.68(+0.22)



前営業日終値    109.46(+0.46)



米WTI原油先物(11月限)(ドル/バレル)



終値    103.03(‐0.81)



前営業日終値    103.84(+0.53)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    287.3439(+0.8907)



前営業日終値    286.4532(+0.9008)



<為替> 7日終盤のニューヨーク外為市場では、米議会の財政協議がこう着状態に陥っていることからドルが幅広い通貨に対して下落し、対円で一時96.79円と8月12日以来の安値を付けた。米政府機関の一部閉鎖は2週間目突入が迫り、債務の法定上限引き上げの期限とされる17日も迫りつつあるが、民主、共和両党に合意に向けた歩み寄りの兆しは見られず、非難合戦が続いた。



手詰まり状態が長引けば足取りが弱い米景気回復に影響がおよび、連邦準備理事会(FRB)の資産買い入れ縮小が遅れるとの懸念が広がり、資金の安全な逃避先となる円やスイスフランが買われた。



<債券> 米金融・債券市場では国債価格が総じて上昇。政府機関閉鎖の終結に向けた進展が見られず、経済への影響や債務上限引き上げ協議をめぐる懸念が強まった。



政府機関の一部閉鎖は終結のめどが立たないまま2週目を迎え、雇用統計を含む多くの経済指標は発表が延期されたままとなっている。米株安も国債の投資妙味を高めたが、大半は小幅な価格上昇にとどまった。



<株式> 7日の米国株式市場は下落。米政府機関の一部閉鎖が続き、連邦債務上限の引き上げをめぐる与野党の対立に打開に向けた進展が見られず、投資家の警戒感が継続した。S&P500種は振れの大きい展開となり、この日の安値近辺で終了。過去13営業日で10日目の下落となった。投資家の不安心理を示すCBOEボラティリティ指数(VIX指数)<.VIX>は16%上昇し、6月以来の高水準をつけた。同指数は過去3週間に48%上昇している。



<金先物> 週明け7日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米財政問題をめぐる先行き不透明感を背景に安全資産としての買いを集め、3営業日ぶりに反発した。相場は、午前の早い段階でこの日の高値まで上昇。リスク回避ムードに押され、株式などから流出した資金の受け皿として選好されたほか、ドルの対ユーロ相場が軟調に推移したこともドル建てで取引される金塊の追い風となった。また、翌8日に国慶節が明ける中国や、祭礼シーズンを控えるインドからの現物需要の拡大期待も相場の支援材料。



<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国のデフォルト(債務不履行)懸念などから売られ、反落した。原油相場は早朝から売り地合いで、寄り付き後には電子取引で一時101.86ドルまで下落。その後、外国為替市場でドルがユーロに対して下落したことから、ドル建てで取引される原油は割安感を受けて下げ幅を縮小したが、プラス圏には届かなかった。このほか、メキシコ湾南東部で発生した熱帯暴風雨「カレン」が大きな被害なく消滅したことも、供給ひっ迫懸念を後退させ、相場の下げ材料となった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000030-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ヤマシタGOLF塾 『ゴルフ上々通信PDF 13-07版【印刷版】』


ヤマシタGOLF塾 『ゴルフ上々通信PDF 13-07版』


藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル ~フォア&バックハンド編~ [HTT0001]




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1266-ae38d5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)