Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(4日)


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



欧州市場サマリー(4日)


ロイター 10月5日(土)8時43分配信







[4日 ロイター] -



1528GMT     3日終盤



ユーロ/ドル <EUR=> 1.3600     1.3617



ドル/円   <JPY=> 97.100 97.240



ユーロ/円  <EURJPY=> 132.05 132.39



4日終値    前営業日終値



株 FT100 6453.88(+ 4.84) 6449.04



クセトラDAX   8622.97(+25.06) 8597.91



金 現物午後値決め   1309.75       1316.00



先物清算値



3カ月物ユーロ(12月限)   99.73 (‐0.01) <FEIZ3>



独連邦債2年物(12月限)  110.40 (‐0.02) <FGBSZ3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(12月限)  124.20 (‐0.12) <FGBMZ3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(12月限) 139.96 (‐0.27) <FGBLZ3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(12月限) 123.44 (‐0.64) <FGBXZ3><0#FGBX:>



現物利回り



独連邦債2年物       0.174 (0.165) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物       0.727 (0.696) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物      1.836 (1.808) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物      2.701 (2.665) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> ドルが主要通貨バスケットに対して6営業日ぶりに上昇。ただ、米政府機関の閉鎖が続き、債務上限引き上げでも合意できず米国がデフォルト(債務不履行)に陥ることへの懸念から、前日つけた8カ月ぶり安値付近で推移した。



ドルは対円では小幅安、対ユーロでは上昇した。



日銀は4日の金融政策決定会合で、資金供給量(マネタリーベース)を年間60兆─70兆円増やす金融政策の維持を全員一致で決めた。



主要6通貨に対するICEフューチャーズUSのドル指数<.DXY>は0.3%高の79.982。前日は8カ月ぶり安値の79.627をつけた。



ドルはスイスフランに対して、前日つけた1年半ぶり安値から反発した。スイスフランは、同国の規制当局が為替レートを操作した疑いで複数の国内銀行を調査しているとのニュースに圧迫された。



<株式>  ロンドン株式市場は薄商いの中、ほぼ変わらずで終えた。米財政協議で合意に向けた進展の兆候が見られないことから、投資家の間で様子見姿勢が強まった。



米国では、財政協議で事態打開の兆しが見られないまま、債務上限引き上げの期限とされる17日が目前に迫っている。ただこれまでのところ、市場で大きな混乱は見られない。



米国で稼ぐ企業がこの日も売られた。売上高の半分近くを米国に頼る建材販売大手ウルズリー<WOS.L>は1%安。一時は1.4%安まで売り込まれた。



上期決算を発表した製糖のテート・アンド・ライル<TATE.L>は0.8%高。同社株価は年初来3%下落しており、弱材料のほとんどが株価に織り込まれ済みとアナリストは指摘している。



生保のスタンダード・ライフ<SL.L>は2.5%高。JPモルガンは、成長は引き続き力強く配当利回りも高水準として、同社の投資判断を「オーバーウエート」で据え置いた。



欧州株式市場は反発。イタリアの政局安定化に向けた期待から同国の銘柄が買われた。欧州中央銀行(ECB)による金融セクターへの支援が継続するとの観測を手がかりに、銀行株も上昇した。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は1.56ポイント(0.13%)高の1243.74。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は26.19ポイント(0.90%)高の2928.31。



イタリアのFTSE・MIB指数<.FTMIB>がアウトパフォームし、1.6%高で取引を終えた。



イタリア上院委員会は、脱税で有罪判決が確定しているベルルスコーニ元首相の議員資格剥奪を上院本会議に提言することを承認した。



ユーロ圏銀行株<.SX7E>は2.3%高。トレーダーの間では、ECBが追加長期資金供給オペ(LTRO)実施の用意を整えているとの見方が高まっている。



米予算交渉が決裂し、政府機関が一部閉鎖に追い込まれたことは欧州株価にも影響している。また、米債務上限問題をめぐる懸念も強まっている。



スイスReylのフランソワ・サバリ最高投資責任者(CIO)は「日に日に緊張が増している」としつつも、「合意にこぎ着けると想定している」と述べた。



<ユーロ圏債券>  ポルトガル国債利回りが低下し1カ月超ぶり水準となった。同国が前日、国際支援機関のプログラム進ちょく審査を通過し、支援機関が景気回復について前向きな見方を示したことが背景となった。



この日は周辺国債が全般的に上昇したが、特にポルトガル国債は他の国をアウトパフォームした。



ポルトガル10年債利回りは21ベーシスポイント(bp)低下して6.43%と、8月末以来の水準になった。同2年債利回りは39bp低下し4.94%。ただ、流動性はかなり低く、値が振れる展開となった。



国際支援機関は前日、ポルトガルの支援プログラムは目標達成に向けて順調に進んでいるとしたほか、景気が回復していることを示す初期の兆候がみられると指摘した。同国政府が求めていた2014年の赤字削減目標の修正は認めなかったものの、市場は支援機関の前向きな見解を好感する結果となった。



イタリア国債も上昇した。同国では今週、レッタ政権の信任投票が議会で可決されたほか、4日には上院委員会がベルルスコーニ元首相の議員資格剥奪を上院本会議に提言することを決めた。



イタリア10年債利回りは7bp低下して4.31%となり、ベルルスコーニ氏率いる自由国民党(PDL)の閣僚5人が辞任を表明する前の水準に戻った。



スペイン10年債利回りは3bp低下し4.23%。



独連邦債先物は27ティック安の139.96。米国の財政問題をめぐるこう着状態が長引き本格的な影響が出ることへの懸念が広がるなか、狭いレンジで推移した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131005-00000034-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【販売開始】天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら~


+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~


経済指標ターゲット 全自動トレードシステム「ハンターFX」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1262-70c9c81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)