Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドラギ総裁、ECB委員会に銀行向け措置の検討を要請-関係者


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



ドラギ総裁、ECB委員会に銀行向け措置の検討を要請-関係者


Bloomberg 10月3日(木)8時16分配信







  10月3日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はECBの委員会に対し、新たな銀行向け資金供給措置について選択肢を検討するよう求めている。政策当局者は将来流動性不足に陥った場合の対処法を見いだそうとしている。ユーロ圏の中銀当局者2人が明らかにした。





ドラギ総裁がECBは「必要に応じて行動する用意がある」と表明する中、政策委員会は新たな長期リファイナンスオペ(LTRO)の規模や期間に加え他の手段について専門委員会が検討すべきだとの見解で一致した。当局者らが情報は部外秘だとして匿名を条件に2日語った。当局者1人によると、委員会は判断を下す期限を設定していない。





米金融当局の緩和策縮小に伴い短期市場金利が上昇し景気回復が脅かされるような場合に備え、ECBは銀行向けに資金供給オペが実施できるようにしたい考え。ドラギ総裁は9月23日、必要ならば新たなLTROを実施する用意があると表明。長期ローンの新たなオペに関する期待が高まった。





ドラギ総裁は今月2日、定例政策委員会後の記者会見で「政策委員会の目的は銀行システムに確実に流動性を供給することだ」と指摘。「今から景気回復までの間に、流動性の問題が生じることを誰も望んでいない」と強調した。





原題:Draghi Said to Task ECB Panel to Consider Bank LiquidityOptions(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:フランクフルト Jeff Black ,jblack25@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Craig Stirling ,cstirling1@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000020-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



厳しき世を生きゆく、導きの知恵【霊能百選】


「225デイトレNavi」Nikkei225 Day Trade Navigation System


厳しき世を生きゆく、導きの知恵【霊能百選】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1256-f1096df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)