Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

【ECB要人発言録】緩和政策必要な限り継続-アスムセン氏


ネットワークビジネスには、3つのリスクがあります


1.お金を失うリスク

2.商品を食べるリスク

3.友達をなくすリスク

3のリスクは、インターネットで回避されます。

なぜなら、友人、知人が対象ではないからです。

自分の世界観をブログに表現することによって、

自分と同じような価値観の人を集めることができます。

1のリスクとは、毎月商品を定期購入しなければいけないリスクです。

毎月、余分に1万円の出費は大きいですね。

消費税増税が決まれば、更に重くのしかかります。

ネットワークビジネスはやりたいけど、

1万円が捻出できなくて、断念する人は残念ながら多いですね。

だけど、今、1万円捻出できないがために、

将来に希望が持てなくなったら、人生は今後、消化試合となります。

お金と人生、どちらが大事なのでしょうか?

もう一度、考え直した方がいいと思います。

もしかしたら、やりくりがうまくできれば、1万円が捻出できるかもしれません。

2のリスクは、聞いたこともない物を食べて大丈夫だろうか、

というリスクです。

体調が慢性的に悪ければ、試す価値は十分あると思います。

しかし、まったくの健康体で病気の心配も何もない場合、

わざわざ、わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

アンチエイジングにも興味がない。老けて見られても構わないのに、

わけのわからん物を飲むリスクをとる必要があるのでしょうか。

はっきり言ってありません。

健康体の人は、不労所得なんて考えずに、一生懸命、働いた方がいいと思います。

労働者として日本に貢献してほしいですね。

ネットワークビジネスをやるにふさわしい人は、

将来に希望が欲しい人、病気ぎみの人、アンチエイジングにも興味がある人



【ECB要人発言録】緩和政策必要な限り継続-アスムセン氏


Bloomberg 9月30日(月)7時10分配信







  9月30日(ブルームバーグ):9月24日から29日までの欧州中央銀行(ECB)要人らの主な発言は次の通り(記事全文は発言者の氏名をクリックしてください)。





<9月26日>コンスタンシオ副総裁(フランクフルトでのイベントで):フォワードガイダンスは条件付きでなければならない。フォワードガイダンスとは、経済・物価情勢が予想通りの動きになれば、ECBとしては利上げの必要はないとみていることを伝える声明だ。





コンスタンシオ副総裁(フランクフルトでのイベントで):過剰流動性が減少しつつあることが短期金利に必要以上の上昇圧力を加えれば、問題になり得る。われわれにはまだ手段が残っており、必要に応じて使う。





アスムセン理事(ベルリンで発言):現在の緩和政策は必要な限り続く。出口政策の開始には時期尚早。





クーレ理事(ニューヨークで講演):期間3年の長期リファイナンシングオペ(LTRO、公開市場操作)再開の差し迫った必要はない。LTROは市場に流動性を注入する目的のための手段だが、流動性が何を意味するか、反応する必要があるかが問題であり、行動が必要な場合、さまざまな対応の選択肢がECBにはある。





<9月25日>ハンソン・エストニア中銀総裁(中銀ウェブサイトに掲載):緩やかな成長回復なら低金利政策の維持は可能。ユーロ圏で現在見られる景気回復の兆候は頼りない、リスクは下向きだ。





<9月24日>メルシュ理事(ウィーンで講演):ECBが3段階の銀行ストレステスト(健全性審査)の結果として、銀行ごとに必要な資本を1つの数字で公表することになる。最初にリスク分析、次にバランスシート評価、さらに欧州銀行監督機構(EBA)と共同で実際のストレステストを実施する。





クーレ理事(ヘルシンキで):ECBの行動が必要となった場合、どのような政策手段を採用するのが適切かについて、具体的な議論はしていない。流動性が潤沢であるよう確実にすることについては、政策委員会の明確な決意がある。





コンスタンシオ副総裁(マドリードで):データがその使用を正当化するならば活用できる複数の手段がECBにあることを、広く知らしめることは重要だが、現時点で特定の政策措置を使うと決めているわけではない。





ノボトニー・オーストリア中銀総裁(ウィーンで):新たなLTROの必要性の有無はECB内でわれわれが現在議論しているか、これから議論する問題だ。議論は将来の展望に関するものだ。幅広い政策手段があり、その採用については柔軟であると示しておくことが非常に重要だと考えている。





前週の発言録はここをクリックしてください。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000005-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・バイナリーピンク・GMOクリック証券対応


MT4 カギ足トレンド2


かんたん逆スキャFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1250-2379f0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)