Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

海外企業と手を結んだ東京エレク、「イエス」と言える日本を示す

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


海外企業と手を結んだ東京エレク、「イエス」と言える日本を示す


ウォール・ストリート・ジャーナル 9月25日(水)13時42分配信







 半導体製造装置大手の米アプライドマテリアルズと東京エレクトロンは290億ドル(2兆8600億円)の経営統合計画を発表した際、これが「対等合併」になると宣言した。しかし、日本側が少しばかり劣るという印象は否めない。



 停滞している経済の再活性化を目指している日本にとっては、これは実際のところ進展を示す歓迎すべき兆候であるはずだ。



 両社は建前としては同水準のステータスを持っていることを宣伝するのに労をいとわないだろう。統合持ち株会社の本社はオランダに置かれ、両社が派遣する取締役は同数。会社名も新しくなるが、具体的な社名はまだ決まっていない。



 しかし、これらはどれも、今回の統合は米国側(アプライドマテリアルズ)の価値を日本側(東京エレクトロン)の倍以上に評価し、アプライドの株主が新会社の株式の68%を所有するという事実を覆い隠すことはできない。アプライドの売上高は東京エレクを約50%上回る程度だが、アプライドの高いバリュエーションは、東京エレクよりも高く、安定した収益力があることを反映している。



 両社とも極めて景気動向に左右されやすい半導体関連事業を手掛けているが、S&PキャピタルIQによると、EBITDA(金利・税金・償却前利益)ベースの過去3年の平均利益率はアプライドが22%に達し、東京エレクの13%を大きく上回っている。



 そうであっても、統合計画は双方に価値をもたらす可能性がある。半導体製造は極めて資本集約の度合いが高いため、世界の大手半導体3社―インテル、サムスン、TSMC―は東京エレクとアプライドから製造装置を購入している。製造装置メーカーの数が少ないことから、半導体メーカーが製造装置メーカーに競わせようとするのは難しい。



 一方、両社は3年以内に5億ドルのコスト節減ができるとしている。これがもたらす収益面への影響は、15倍というアプライドの株価収益率(PER)から見て、東京エレクの価値とされた5億ドルのプレミアムよりはるかに大きい。これがアプライドの株価が統合計画発表後に9.1%急伸した大きな理由だ。これにはオランダで再法人化することで得られる大規模な節税効果は含まれていない。



 対等合併を宣伝するのは、日本側の顔を立てるのに必要だからだろう。このように有名な企業が丸ごと外国企業に買収されるという話はほとんど聞いたことがない。しかし、この統合は、日本企業も比較的急進的な措置を受け入れるようになってきたという、勇気づけられる兆候を示している。



 半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスが政府系ファンドと顧客グループによって救済されたのは昨年のことだ。これによってルネサスは米プライベートエクイティー企業KKRの支配下に入るのを回避できた。ルネサス自体は、日立、三菱、NECの半導体子会社が合併して設立された。



 日本の大手企業の一つである東京エレクトロンは、防御態勢を取る代わりに、外国企業と手をつなぐ道を選んだのだ。この開放性は、日本が米国や環太平洋諸国との間で歴史的な自由貿易協定を結ぶ準備を進める中で現れた。日本経済の再生の提唱者たちは、それが何と呼ばれようと、新会社に幸多かれと祈るべきだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130925-00000429-wsj-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



井手式7daysFX


プラチナムラインFX


鳳凰フェニックスバイナリー 無制限版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1241-d78d66e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)