Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY銅:約1週間で最大の下落-米景気と予算めぐる懸念で

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


NY銅:約1週間で最大の下落-米景気と予算めぐる懸念で


Bloomberg 9月25日(水)7時18分配信







  9月24日(ブルームバーグ):24日のニューヨーク銅先物相場はこの約1週間で最大の下落。世界2位の銅消費国である米国で、予算協議をめぐる問題が景気に響くとの観測が広がった。





米下院共和党は、オバマ大統領の医療保険制度改革法実施への予算措置を阻止するため複数の選択肢を検討中。次の財政年度が始まる10月1日までに議会が予算について合意できなければ、一部の政府機関が閉鎖される恐れがある。民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日発表した9月の消費者信頼感指数は前月から低下した。





銅相場は23日までの2営業日で計1.4%下落した。セントルイス連銀のブラード総裁が、政策当局者は金融刺激策の縮小を10月に開始する可能性があると発言したことが影響した。





ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属取引担当ディレクター、デービッド・メーガー氏は電話取材で、「米国での予算協議に関する懸念は相場に幾分かの悪影響を与え続けている」と指摘。「米連邦準備制度理事会(FRB)の今後の動向をめぐる不透明感も消えていない」と述べた。





ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物12月限終値は前日比1.3%安の1ポンド=3.2565ドル。下落率は12日以来の大きさ。





原題:Copper Falls Most in a Week on U.S. Economy, BudgetConcern(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ワシントン Joe Richter ;ロンドン Agnieszka Troszkiewicz ,jrichter1@bloomberg.net,atroszkiewic@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Steve Stroth ,sstroth@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130925-00000017-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXでリベンジしたい初心者のための魔法の教科書「FXリベンジャーズ」


FXでリベンジしたい初心者のための魔法の教科書「FXリベンジャーズ」


キャンドルマイスターFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1240-4d90ae79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)