Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<上場企業>公募増資がが活況 株価回復で投資家心理改善

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


<上場企業>公募増資がが活況 株価回復で投資家心理改善


毎日新聞 9月24日(火)7時47分配信







 上場企業が設備投資などを目的に公募増資による資金調達を活発化させている。今年1~8月の公募増資総額は6785億円に達し、すでに昨年1年間の実績を47%上回っている。昨秋以降の株式市況回復で投資家の心理が大きく改善し、資金を集めやすくなったためだ。ただ、増資で発行株数が多くなる一方、業績が伸びなければ1株当たりの利益は減る。企業は増資で得た資金をどう業績アップにつなげるか、戦略が問われそうだ。



 企業の公募増資は今年7月以降に加速、英広告大手の買収資金調達目的の電通や、設備投資目的の大和ハウス工業、オリンパスなどが相次いで1000億円を超える大型増資に踏み切った。



 株式市場では、米国の量的緩和の早期縮小観測や中国経済の減速懸念、円安一服などを背景に5月に相場が急落。しかし、その後、国内景気の回復期待なども背景に相場は回復傾向に転じ、夏場の増資ラッシュはこのタイミングを捉えたもの。日本証券業協会の稲野和利会長は「企業にとって安定して資金調達ができる環境が整った」と解説。日証協によると、今年1~8月の公募増資件数は55件と、すでに昨年1年間の実績(41件)を上回っている。



 今月18日には、経営再建中のシャープも「設備投資と財務基盤強化」を理由に最大約1500億円の公募増資を10月に実施すると発表。液晶事業の立て直しなど再建の道筋がなお道半ばのシャープも増資発表にこぎ着けたことは市場の地合いの良さを印象付けた。



 さらに、三菱自動車も年度内に2000億円規模の公募増資を計画。調達した資金で三菱重工業などグループ4社が保有する優先株の大半を買い取り、2000年の大規模リコール(回収・無償修理)隠し問題をきっかけにした経営再建にメドをつける方向だ。



 ただ、大型増資に伴い、1株当たりの利益は薄まるため、株価には下落圧力がかかる。電通の場合、公募増資発表直後は株価が下落したが、その後、投資家から海外での積極的なM&A(企業の合併・買収)で成長を目指す戦略が評価され、株価が回復している。一方、シャープは公募増資をテコに中小型液晶事業強化や自己資本比率の改善を図る方針だが、投資家の間には「再建に向けた明確な成長戦略が見えない」との厳しい見方もある。【窪田淳、高橋慶浩】










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000009-mai-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)


宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/JPYペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1238-37b39610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)