Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(20日)

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


NY市場サマリー(20日)


ロイター 9月21日(土)9時8分配信







[20日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    99.32/37



始値    99.55/56



前営業日終値    99.47/49



ユーロ/ドル  終値   1.3525/28



始値   1.3525/26



前営業日終値   1.3529/31



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)     97*16.50(+0*19.50)=3.7640%



前営業日終盤     96*29.00(‐0*29.00)=3.7988%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)     97*31.00(+0*04.50)=2.7356%



前営業日終盤     97*26.50(‐0*16.50)=2.7519%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)     100*02.75(+0*00.75)=1.4818%



前営業日終盤    100*02.00(‐0*08.75)=1.4868%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)     100*02.50(+0*00.25)=0.3345%



前営業日終盤    100*02.25(‐0*00.75)=0.3387%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値         15451.09(‐185.46)



前営業日終値    15636.55(‐ 40.39)



ナスダック総合<.IXIC>



終値         3774.73(‐14.65)



前営業日終値    3789.38(+ 5.74)



S&P総合500種<.SPX>



終値         1709.91(‐12.43)



前営業日終値    1722.34(‐ 3.18)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)<2GCZ3><GCZ3><0#GC:>



終値    1332.5(‐36.8)



前営業日終値    1369.3(+61.7)



COMEX銀(12月限)(セント/オンス)<2SIZ3><SIZ3><SIcv1><0#SI:>



終値    2192.7(‐136.5)



前営業日終値    2329.2(+172.8)



北海ブレント原油先物(11月限)(ドル/バレル)<LCOX3><LCOc1><0#LCO:>



終値    109.22(+0.46)



前営業日終値    108.76(‐1.84)



米WTI原油先物(10月限)(ドル/バレル)<2CLV3><CLV3><CLc1><0#CL:>



終値    104.67(‐1.72)



前営業日終値    106.39(‐1.68)



米WTI原油先物(11月限)(ドル/バレル)<2CLX3><CLX3><CLc1><0#CL:>



終値    104.75(‐1.11)



前営業日終値    105.86( N/A )



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    287.4383(‐3.0735)



前営業日終値    290.5118(+0.9706)



<為替> 米連邦準備理事会(FRB)幹部から緩和縮小開始は予想より早い時期に決定される可能性があることを示唆する発言が相次いだことで、ドルが一時小幅上昇した。セントルイス地区連銀のブラード総裁はこの日、経済指標で一段と強い景気動向が示された場合、10月のFOMCで量的緩和の縮小に踏み切ることもあり得るとの見方を表明した。



ブラード総裁の発言を受け、ドルは対円で1週間ぶり高値に上昇。対ユーロでも上昇した。終盤の取引で、ドル/円は99.37円とほぼ横ばい。ユーロ/ドルも1.3519ドルとほぼ横ばいとなっている。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.1%高の80.451。18日に80.060と、7カ月ぶりの低水準をつけている。このほか、来年1月に任期終了を迎えるバーナンキFRB議長の後任人事と米予算案をめぐる議会での攻防も市場の注目を集めており、状況次第ではドル圧迫要因になる可能性もある。



<債券> 米国債価格が上昇した。市場は、景気見通しが一段と改善するまで米連邦準備理事会(FRB)が金融政策を引き締める公算は小さいとの見方に慣れつつある。



米株価が小幅安となったことも安全資産としての米国債の投資妙味を高めた。だが上値は重かった。



USバンク・ウェルス・マネジメントの債券調査部門責任者、ジェニファー・ベイル氏は「FRBは最近の実質金利上昇とそれによる成長への影響や、資産買い入れ縮小によるデフレへの影響に加え、予算案や債務上限引き上げをめぐる議会の対立を懸念している」とし、こうした懸念を踏まえると、緩和縮小時期は12月になるとの見方を示した。



FRBは同日、14億7000万ドルの債券買い入れを行った。来週23日には2019─2020年に償還を迎える国債を30億─40億ドル買い入れる予定。



米財務省は来週、総額970億ドルの2年・5年・7年債入札を実施する。



<株式> 下落、ダウ平均は180ドル超値下がりした。連邦準備理事会(FRB)が今週決定した量的緩和縮小の見送りをめぐって投資家の間で混乱も見られるなか、FRB当局者発言に注目が集まった。



この日上場した2銘柄はいずれも好調なスタートとなった。サイバーセキュリティ会社のファイア・アイ<FEYE.O>は、公開価格の20ドルに対し、初値が40.30ドルと101.5%急騰。結局終値は36ドルと80%高で取引を終えた。広告技術を手がけるロケット・フューエル<FUEL.O>は、公開価格の29ドルに対し終値は56.10ドルと93.4%急騰した。



カナダのスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリー<BB.TO><BBRY.O>は17.1%急落。4500人の人員削減を含むリストラ計画を明らかにし、四半期の業績見通しが市場予想を大幅に下回る見込みとした。



<金先物> 米金融当局幹部が10月の量的緩和縮小の可能性を示唆する発言を行ったことなどから、急反落した。中心限月の12月物は、前日終値比36.80ドル(2.7%)安の1オンス=1332.50ドルで取引を終えた。



<米原油先物> 中東地域の地政学的リスクに対する懸念の後退などから続落した。この日納会を迎えた米国産標準油種WTIの中心限月10月物は、前日終値比1.72ドル安の1バレル=104.67ドルで取引を終了。約1カ月ぶりに終値で105ドル割れとなった。11月物は1.11ドル安の104.75ドルで終了した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130921-00000029-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【地味で堅実】窓埋めEAプラスアルファ/電話&メール年中無休24時間サポート/販売者本人が使っているシステム


【地味で堅実】窓埋めEAプラスアルファ/電話&メール年中無休24時間サポート/販売者本人が使っているシステム


【地味で堅実】窓埋めEAプラスアルファ/電話&メール年中無休24時間サポート/販売者本人が使っているシステム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1233-aa10ae9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)