Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

焦点:米FRB、対話力の問題点を露呈

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


焦点:米FRB、対話力の問題点を露呈


ロイター 9月20日(金)11時57分配信










焦点:米FRB、対話力の問題点を露呈


9月19日、市場との対話の透明性に誇りを持つ米FRBはメッセージ伝達に関して明らかに問題がある。写真はニューヨーク証券取引所内のテレビ画面に映るバーナンキ議長。18日撮影(2013年 ロイター)





[ワシントン 19日 ロイター] - 市場との対話の透明性に誇りを持つ米連邦準備理事会(FRB)はメッセージ伝達に関して明らかに問題がある。



9月の量的緩和策の縮小開始に備えて金融市場を数カ月間にわたり準備させた挙句、FRBが何もしなかったことに投資家は驚愕した。その多くは今後、FRB幹部の言葉をどれほど信用していいのか、疑念を抱いている。



月額850億ドルの債券買い入れ規模縮小を9月に開始する可能性はFRB高官から広く事前に伝えられていた。先週のロイター調査では69人のエコノミストのうち49人が今回緩和策の縮小に踏み切ると見込んでいた。



しかしFRBは今週、自分たちが奇妙な立場に置かれていることに気付いた。FRBの債券買い入れ規模の縮小計画が、景気への悪影響を及ぼす懸念がある金利上昇を招いていたのだ。



現在、トレーダーはFRBが年内に資産買い入れ規模の縮小に着手するかどうかを疑問視しており、FRBの政策見通しに関する市場予測の揺れ動きがいかに大きいかを示している。FRB高官が明確な指標の提示に最善の努力を尽くしているにもかかわらず、である。



さらに重要なのは、FRBが市場との対話に失敗したことで、市場はFRBの送るシグナルに不信感を持つようになるとアナリストの一部が懸念している点だ。金利に影響を与える先行きの政策ガイダンスへの依存を強めてきたFRBにとって問題になりかねない。



RBCキャピタル・マーケッツの金利戦略部門の責任者、マイケル・クロハティー氏は「信頼性に必要なのは一貫性だ。疑問は今やFRBがことし緩和策縮小を開始するかどうかではなく、来年のいつごろ開始するかに移っている」と語る。



バーナンキ議長が近い将来の債券買い入れ規模の縮小を示唆した5月、米国では金利上昇が加速し、回復の兆しが強まっていた住宅市場に脅威を与えた。世界の市場も急落に見舞われた。



続いてバーナンキ議長は6月、年末までに緩和策縮小の開始を見込んでおり、2014年半ばの債券買い入れプログラム終了を視野に入れていると発言した。



わずか数カ月の間に米国10年債利回りは1%超も上昇。金利急騰の衝撃はFRB高官を驚かせ、今回の縮小開始の見送りを思いとどまらせるのに十分だったようだ。



18日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明は「ここ数カ月間に金融市場の状況は引き締まりの傾向が観察され、もしこの状況が持続すれば、景気および雇用市場の改善ペースが鈍化する可能性がある」と指摘した。



量的緩和策を現状のまま据え置く予想外の決定を受けた安心感から、世界の市場は一斉に値上がりした。ここ数カ月間、大規模なFRBの量的緩和策が早期に巻き戻されるとの恐怖感から緊張に包まれていた状況が一転した。



FRBの判断の根拠が薄弱だというつもりはない。第3・四半期の経済成長率は第2・四半期の年率2.5%から鈍化し、8月の雇用統計も失望を誘う内容だった。同時に物価上昇率はFRBの目標である2%を大きく下回る水準で、量的緩和政策を継続する余地が十分に与えられたといっていい。



おそらくもっと重要なことは、FRBが成長率予測を大幅に下方修正し、来年は2.9─3.1%と6月時点の3.0─3.5%からに引き下げられたことだ。



<ハト派の合図ミス>



市場がテーパリング(量的緩和縮小)に備えていた理由の一つは、FRB幹部から9月縮小開始の期待形成を抑える発言がほとんどなかったからだ。



バーナンキ議長は7月の議会証言で、金利上昇が景気に悪影響を及ぼさないよう注視する姿勢を強調した。しかし、この発言について、FRBが早期の緩和策縮小に及び腰になっているサインと受け止めた連銀ウオッチャーはまれだった。



実際のところ、FRBで最もハト派とされるシカゴ地区連銀のエバンズ総裁は今月、月内の開始を支持する心構えがあると述べている。



エバンズ総裁はかサウスカロライナ州で記者団に対し、「景気は継続的に前進しており、十分な改善がみられると納得できる」と語った。



ピーターソン国際経済研究所のエコノミストでFRBの勤務経験もあるジョセフ・ギャグノン氏は「FOMCが決定した政策は、緩和策縮小の開始は経済指標次第だとするFRBのガイダンスと矛盾していはいない」と指摘する。



それでもギャグノン氏はFRBの市場へのシグナルの送り方に問題点があったことを認めた上で、「ここ数週間、FRBは9月のテーパリングは確実だという、市場に広まった見方を修正する努力を怠った」と話している。



今回の混乱で、かつてのようにFRBの透明性が一部に限られており、FRBが必ずしも手の内の全てを明らかにしていなかったグリーンスパン前議長の時代を懐かしく振り返るアナリストもいる。当時はFRB幹部自身が持つ将来見通しの不確実性を隠すこともできたのだ。



元FRBスタッフでカンバーランド・アドバイザーズのボブ・アイゼンベイス主席金融エコノミストは「FOMCの対話戦略は、フォワードガイダンスとコミットメントに依拠した洗練された経済モデルに強く影響を受けている。市場の意思決定に伴う不確実性を排除するための主要要素としてガイダンスとコミットメントを位置づけ、政策効果を高める手段とするモデルだ」と指摘する。



しかし、「政策変更とテーパリングは今後の経済指標が前提条件になるとのあいまいな主張からも分かるように、今回明らかになったのはFOMCが何よりも政策決定の上での裁量権を重んじているということだ。経済指標に頼るのはフォワードガイダンスではないし、コミットメントを裏付けるものにはならない」と述べた。



(Pedro Nicolaci da Costa記者)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130920-00000058-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/USDペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1232-521220d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)