Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル反発、99円台前半=良好な米指標で買い優勢〔東京外為〕(20日午前9時)

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


ドル反発、99円台前半=良好な米指標で買い優勢〔東京外為〕(20日午前9時)


時事通信 9月20日(金)9時32分配信







 20日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日発表された一連の米経済指標が軒並み良好な内容となったことから買いが強まり、1ドル=99円台前半に反発している。午前9時現在、99円38~40銭と前日(午後5時、98円82~84銭)比56銭のドル高・円安。

 前日の欧米市場では、東京時間終盤から強まったドル円の上昇が継続した。FRBの緩和継続で内外株価が堅調となり、リスクオンの円売りが対ユーロでも強まり、ドル円は欧州時間に98円台後半に続伸。米国時間は、週間失業保険申請件数や8月の中古住宅販売件数、8月の景気先行指数などがいずれも市場予想を上回り、99円60銭前後まで買われた。その後は緩み、東京市場の早朝は99円40銭前後で取引されている。

 FRBの緩和縮小見送りでドル円は大きく下落したが、一方で米緩和継続は内外株価の押し上げ要因となり、リスク資産選好のムードを背景に欧米時間は安全資産の円を売る動きが強まった。また、一連の米指標が強く、米長期金利が反発に転じたこともドル円の追い風となった。市場関係者は「日本株が続伸するとドル円は上値を模索する動きになりやすい」(大手邦銀)と指摘する。ただ、前日からの上昇幅が大きく、連休を控えていることもあり、「上げ余地は限られる可能性もある」(FX業者)という。

 ユーロは対円で上昇、対ドルは横ばい圏。午前9時現在、1ユーロ=134円45~53銭(前日午後5時、133円93~94銭)、対ドルで1.3529~3537ドル(同1.3551~3553ドル)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130920-00000007-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXデイトレチャンス


★フォワードで証明!【1年版】FX為替予想GIMMIC リスク分散型自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!


FX Professional Trading




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1231-49f7abb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)