Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

大幅続伸=米金融政策を好感〔東京株式〕(19日)

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


大幅続伸=米金融政策を好感〔東京株式〕(19日)


時事通信 9月19日(木)15時30分配信







 【第1部】日経平均株価は前日比260円82銭高の1万4766円18銭、東証株価指数(TOPIX)も同22.41ポイント高の1215.48と、ともに大幅続伸。米国で量的金融緩和の縮小が見送られたことが好感され、幅広い業種が値を上げた。出来高は37億4897万株。

 【第2部】大幅続伸。JCRが値を飛ばし、昭和飛も高い。Jトラストはしっかり。半面、築地魚は軟調、田淵電も弱含み。出来高1億0814万株。

 【外国株】堅調。出来高4万9200株。

 ▽金融相場に逆戻り

 前日の米国株式市場が大きく上昇した流れを引き継ぎ、東京市場は買いが先行した。為替が円高に振れたため午前中は輸出関連株の一角に上値の重さも見られたが、午後は主力銘柄中心に一段高となるなどおおむね堅調な一日だった。

 一時は、世界的な金融緩和により生じた余剰資金がリスク資産に流れ込むとの期待感に支えられた「金融相場」が終わり、景気回復による企業収益改善を見越した「業績相場」に移りつつあるかに見えた。しかし、米国の金融緩和縮小見送りを受けて大幅高となった18、19日の日米の株式市場は、金融相場そのものだった。市場では、「今回、米当局が緩和縮小に踏み切らなかったため、金融政策の先行き不透明感は晴れるどころかむしろ強まった。政策をめぐる思惑に振り回される相場は当分続きそうだ」(大手証券)との声が聞かれた。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000030-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



◆【Hyper Click FX 】インジケーター対応版◆


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会あり】


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会なし】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1230-314b0733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)