Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米FRBが量的緩和の縮小見送り 年内実施は改めて表明

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


米FRBが量的緩和の縮小見送り 年内実施は改めて表明


産経新聞 9月19日(木)8時23分配信







 【ワシントン=柿内公輔】米連邦準備制度理事会(FRB)は18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国債などを大量に購入する量的金融緩和と事実上のゼロ金利政策の維持を賛成多数で決めた。市場では量的緩和を小幅に縮小するとの観測が強かったが、景気回復をさらに確認する必要があると判断した。



 FRBはFOMC後に発表した声明で、労働市場は改善が続いているものの、住宅ローン金利の上昇などここ数カ月の金融環境に加え、財政問題も不透明感がみられるなど「下振れリスクがみられる」と指摘。この状況が続けば経済や労働市場の改善が鈍化する可能性があるとして「資産購入の調整を始める前に、(景気の)改善を示す一段の証拠を待つ」としている。



 FRBのバーナンキ議長は記者会見で、緩和縮小に踏み切るには「経済指標(の改善)が十分ではない」として、予防的措置として緩和縮小の先送りを決めたと説明。ただ、労働市場の伸びが続くなど景気の改善が確認できれば、年内に緩和縮小に着手したいとの方針を改めて表明した。



 FRBは景気回復を下支えするため450億ドルの米国債と400億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)を毎月購入する量的緩和第3弾を昨年9月に導入。市場では、今回のFOMCで資産購入を100億ドル程度減らすとの見方が強かった。



 バーナンキ議長は2014年1月末に期限を迎えるが、進退や大詰めを迎えている後任人事については踏み込んだ言及を避けた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000504-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



GodScalpingRobot~5通貨対応 FX自動売買ソフト~


初心者向け個人事業者のための経理実務マニュアル


【大阪11月30日(土)】井口晃全国ツアープロジェクト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1229-7aca91da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)