Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY銅:5日ぶり反発、サマーズ氏のFRB議長候補辞退で

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


NY銅:5日ぶり反発、サマーズ氏のFRB議長候補辞退で


Bloomberg 9月17日(火)7時23分配信







  9月16日(ブルームバーグ):16日のニューヨーク銅先物相場は5営業日ぶりに反発。サマーズ元米財務長官が連邦準備制度理事会(FRB)次期議長の候補を辞退すると表明したのを受け、当局者が景気刺激策縮小への意欲を弱めるとの観測が広がった。





先週のブルームバーグの調査によると、サマーズ氏がバーナンキ議長の後任となった場合、主要対抗馬であるイエレンFRB副議長よりも、引き締め的な金融政策を実施する可能性が高いと見られていた。





13日発表された8月の米小売売上高の伸びは市場予想に届かず、9月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数も前月から低下。景気刺激策の縮小を議題に17日から2日間の日程で開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を控え、米経済の弱さを示唆する内容となった。





INTL・FCストーン(ニューヨーク)のアナリスト、エドワード・メイア氏は16日付のリポートで「FRB次期議長の有力候補2人のうち、サマーズ氏は景気刺激策縮小の意向がより強いと広くみなされていた」と指摘。「13日発表の米経済指標の結果は、緩やかな緩和縮小に声援を送ったり加速したりするような要素には乏しく、あるいは全く実施されないかを示す内容だった」と述べている。





ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物12月限終値は、前営業日比0.6%高の1ポンド=3.222ドル。先週は1.8%下落していた。米国は中国に次いで、世界2位の銅消費国。





原題:Copper Climbs as Summers Withdrawal Fuels StimulusSpeculation(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Joe Richter ;ロンドン Agnieszka Troszkiewicz ,jrichter1@bloomberg.net,atroszkiewic@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Steve Stroth ,sstroth@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130917-00000014-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



The Amazing Gift For Forex Trading


FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION


エスカレーターFX製品版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1225-5b3676ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)