Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

サマーズ氏がFRB議長候補辞退、人事承認難航による悪影響を懸念

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


サマーズ氏がFRB議長候補辞退、人事承認難航による悪影響を懸念


ロイター 9月16日(月)9時19分配信










サマーズ氏がFRB議長候補辞退、人事承認難航による悪影響を懸念


9月15日、オバマ米大統領はローレンス・サマーズ氏が、次期連邦準備理事会(FRB)議長候補を辞退したと発表した。3月代表撮影(2013年 ロイター)





[ワシントン 15日 ロイター] - オバマ米大統領は15日、ローレンス・サマーズ氏が、次期連邦準備理事会(FRB)議長候補を辞退したと発表した。



オバマ大統領は声明で「きょう、サマーズ氏と話をし、FRB議長候補を辞退するという彼の決断を受け入れた」と表明した。



クリントン政権で財務長官を務め、オバマ政権第1期目では国家経済会議委員長を務めたサマーズ氏は、来年1月末に任期が満了するバーナンキ議長の後任の最有力候補とみられていた。しかし、90年代の金融規制緩和への支持や、ハーバード大学学長時代の女性差別的発言が批判されていた。



サマーズ氏は大統領に書簡を送り「自分のFRB議長就任承認のプロセスは厳しく、FRBや政権の利益、ひいては現下の景気回復の利益に資しないだろう、という結論を不本意ながら下した」と表明していた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130916-00000002-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



デイトレで30銭から50銭を狙う RSI MT4カスタムインディケーター


Basic FX(ベーシックFX)


s0421【楽販アフィリオ】FXコア-小笠原が遂にFX自動売買システムを公開!!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1223-4007b97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)