Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(13日)

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


NY市場サマリー(13日)


ロイター 9月14日(土)8時59分配信







[13日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    99.35/39



始値    99.58/62



前営業日終値    99.50/56



ユーロ/ドル  終値   1.3297/99



始値   1.3293/95



前営業日終値   1.3299/00



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)     96*07.00(+0*06.00)=3.8385%



前営業日終盤     96*01.00(+0*01.00)=3.8494%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)     96*21.00(+0*04.00)=2.8902%



前営業日終盤     96*17.00(+0*02.00)=2.9048%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)     99*02.00(+0*01.75)=1.6980%



前営業日終盤     99*00.25(‐0*00.25)=1.7093%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)     99*28.25(+0*00.50)=0.4352%



前営業日終盤    99*27.75(+0*00.25)=0.4430%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値         15376.06(+75.42)



前営業日終値    15300.64(‐25.96)



ナスダック総合<.IXIC>



終値         3722.18(+6.21)



前営業日終値    3715.97(‐9.04)



S&P総合500種<.SPX>



終値         1687.99(+4.57)



前営業日終値    1683.42(‐5.71)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)<2GCZ3><GCZ3><0#GC:>



終値    1308.6(‐22.0)



前営業日終値    1330.6(‐33.2)



COMEX銀(12月限)(セント/オンス)<2SIZ3><SIZ3><SIcv1><0#SI:>



終値    2172.0(‐ 42.9)



前営業日終値    2214.9(‐102.3)



北海ブレント原油先物(10月限)(ドル/バレル)<LCOV3><LCOc1><0#LCO:>



終値    112.78(+0.15)



前営業日終値    112.63(+1.13)



米WTI原油先物(10月限)(ドル/バレル)<2CLV3><CLV3><CLc1><0#CL:>



終値    108.21(‐0.39)



前営業日終値    108.60(+1.04)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    291.0203(‐1.0322)



前営業日終値    292.0525(+1.3715)



<為替> ドルがユーロと円に対し下落した。週末や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ポジション調整が入った。



市場では、米連邦準備理事会(FRB)が100億ドルの資産買い入れ縮小を決定するとの見方が支配的となっているが、「緩和縮小への懸念は確実に後退しており、市場はもはや緩和縮小をマイナスの材料とはみていない」(クレディ・スイスの通貨ストラテジスト、アルビス・マリノ氏)との指摘が出ている。



終盤の取引で、ドル/円は0.24%安の99.30円。オバマ米大統領がバーナンキFRB議長の後任にサマーズ元米財務長官を起用する見通しとする日本経済新聞の報道を受けて、ドルは99.97円まで上昇する場面もあった。だが朝方発表された小売売上高が市場予想を下回ったことで下げに転じるなど、値動きの荒い展開となった。



<債券> 国債価格が上昇。米経済指標が弱い内容となり、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れ規模の縮小が発表されても縮小規模は小さくなるとの見方を裏付ける結果となった。



この日発表された8月の米小売売上高は前月比0.2%増と、5カ月連続で増加したものの伸びは前月から鈍化。エコノミスト予想の0.4%増を下回った。



ロイター/ミシガン大学が調査した9月の米消費者信頼感指数(速報値)も、金利上昇で住宅市場や景気が冷え込むとの懸念が広がるなか、4月以来5カ月ぶりの水準に低下した。



<株式> 上昇。週間ではダウ平均の値上がり率が今年1月以降で最大となった。個別銘柄では半導体大手インテル<INTC.O>などが上昇。ただ米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、手控えムードが根強かった。



再来週にはダウ平均の構成銘柄の入れ替えが行われる。新たに加えられるクレジットカード大手ビザ<V.N>はこの日2.1%高。週間では7%上昇した。インテル<INTC.O>は3.6%高の23.44ドル。ジェフリーズは同社の投資判断を引き上げ、目標株価も30ドルに引き上げた。化石燃料の発電所を対象とした二酸化炭素(CO2)排出基準の公表が来週にも予定されるなか、石炭関連株が軟調となった。



<金先物> シリア攻撃をめぐる懸念の後退と米量的緩和の縮小観測を受けた売りに歯止めがかからず、4営業日続落した。中心限月12月物は前日終値比22.00ドル安の1オンス=1308.60ドルで終了。週間の下落率は5.6%だった。



<米原油先物> シリア情勢に対する懸念が和らいだことから売られ、3日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月10月物は前日終値比0.39ドル安の1バレル=108.21ドルで取引を終了。11月物の終値は0.21ドル安の107.54ドルだった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000034-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スタートフリーバイナリーメジャー MT4


副業FX【MetaTrader4式】


【10月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》動画配信コース




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1220-6df12186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)