Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル小反発、99円台後半=一時ストップロスの買い〔東京外為〕(13日正午)

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


ドル小反発、99円台後半=一時ストップロスの買い〔東京外為〕(13日正午)


時事通信 9月13日(金)12時30分配信







 13日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、9月の月例経済報告の改善を手掛かりに一時買いが強まり、1ドル=99円台後半に小反発している。正午現在は99円68~71銭と前日(午後5時、99円55~57銭)比13銭のドル高・円安。

 午前9時に99円台半ばで取引されていたドル円は、仲値にかけて実需筋の買いが支援要因となり小締まった。その後9月の月例経済報告で景気の基調判断が2カ月ぶりに上方修正されるとさらに買われ、一時99円80銭台まで上昇した。「短期筋が99円70~75銭に仕込んでいたオーダーのストップロスを巻き込んで上昇に弾みがついた」(大手FX業者)という。

 ドル円は今週前半は100円台に乗せていたが、その後の持ち高調整を経て前日から99円台でもみ合う展開。市場からは「大台を抜けてはみたが100円台での滞空時間はそれほど長くなかったため、いったん99円台に落ちた後は上値の重さが意識されている」(外為ディーラー)との指摘が出ている。

 また、「100円前後には輸出企業を中心にドル売りのオーダーが厚く控えている」(大手邦銀)とされ、再び大台を突破するには「来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)の終了まで待つ必要がある」(別のFX業者)とみられる。

 先のディーラーは「今回のFOMCは米金融政策の大転換となる節目だけに、株や長期金利が実際にどう動くのかは読み切れず、緊張感を強いられる」と話していた。

 ユーロは対円、対ドルでいずれも横ばい圏。正午現在は1ユーロ=132円42~42銭(前日午後5時、132円44~51銭)、対ドルで1.3281~3283ドル(同1.3303~3303ドル)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000013-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ForexAtumRobot 4種類のロジックを搭載したマルチロジック自動売買システム


終身雇用FX


新世代 FX王 No.1




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1219-d1eda519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)