Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<消費税>景況感回復が後押し 大型対策にはバラマキ批判も

消費税が上がればデフレになる


消費税が上がれば、その分、お金が使えなくなる。

何かを買うのを我慢しなければいけない。

何を我慢すればいい。

どちらにしても、優先順位の低い消費は減るだろう。

そして、その商品に関わっている人の給料は減らされる。

給料が減らされれば、更に、お金を使えなくなる。

これが、デフレスパイラルの恐ろしさだ。

それなのに、ほとんどの新聞では、消費税増税よしとする論調だ。

そこで、提案。

消費税が増税されたら、まず、新聞の購読を辞めよう。

新聞なんて読まなくてもネットワークビジネスをやれば、世の中の動きがわかる。

新聞を読むと、「消費税増税、仕方ないか」と洗脳されてしまう。

消費者にとって、新聞は百害あって一利なし。

そして、新聞社が潰れて、消費税増税を支持したことを反省してもらった方がいい。


100万円稼げる知識が今ならタダ!


<消費税>景況感回復が後押し 大型対策にはバラマキ批判も


毎日新聞 9月12日(木)11時49分配信







 安倍晋三首相が消費税率を予定通り、来年4月に引き上げる意向を固めた背景には、景気回復を示す経済指標が次々と発表されていることがある。2013年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の改定値が前期比で3.8%増(年率換算)と高水準となったのをはじめ、企業の設備投資も上向く兆しを見せている。景況感の回復がはっきりする中、増税を見送れば、日本の財政再建への取り組み姿勢が疑われ、国債が暴落(金利は上昇)しかねないと判断した。景気の腰折れ懸念は、大規模な経済対策で一掃する考えだ。



 消費増税法の付則は、増税できる経済成長率の目安を名目3%、実質2%としているが、4~6月期のGDP改定値はこれを大きく上回った。最大の不安材料とされる設備投資も、4~6月期には3四半期ぶりにプラス転換。7月の有効求人倍率(季節調整値)が0.94倍と、リーマン・ショック前の08年5月(0.95倍)以来の高水準となるなど、雇用環境も改善している。20年夏季五輪の東京開催決定で、五輪特需が期待できることも、増税判断を後押しした。



 大規模な経済対策を打つのは、政府が「消費増税による反動減の幅は2兆円弱。2兆円以下では埋め戻しにしかならず、成長軌道に経済全体を復帰させていく経済対策には不十分」(甘利明経済再生担当相)と見ているためだ。



 経済対策の柱は、公共事業の積み上げ低所得者向けの現金給付などを盛り込んだ補正予算と、法人向け減税などになる見通し。ただ、消費増税に対する意見を有識者・専門家に聞く政府の「集中点検会合」では、「増税後の景気落ち込みを緩和するには、5兆円規模の経済対策が必要」(岩田一政・日本経済研究センター理事長)との意見も出された。昨年度の剰余金は1.3兆円で、今年度の景気回復による増収を加えても5兆円には届かない。経済対策の規模の拡大は新規国債の発行に直結するだけに、「バラマキ」批判を招く可能性もある。【丸山進】










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000021-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「激スキャFX」(Violent Scalper)/FX激烈スキャルピングトーレード指南システム


SECURITY FX【セキュリティFX】


うねりFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1217-0815571b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)