Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<信用関連情報チェック>3日は主要指数が高値引け、買い方優勢の構図に再転換

物価が上がれば借金は目減りする?


アベノミクスによって毎年2%づつ、物価が上がったとしましょう。

すると、お金の価値も毎年2%づつ、目減りする。

ということは、借金も2%づつ、目減りする。

そしたら、「借金した方がお得だ」。

銀行にお金を預けている人が低金利に文句を言わない限り、

銀行も低金利でお金を貸してくれるはず。

そのお金でネットワークビジネスをやろう。

しかし、国の借金はどうなるのだろう?

発行済国債は、すでに利息が決まっているから国の負担は減るはず。

1000兆円の借金が毎年2%づつ、目減りすることになるのだから。

そして、債券価格が下がり、金利は上昇しそうだけど、

日銀の金融緩和により、市場にはお金が溢れているので、

金利は上昇しない。

そうなると、新たに国債を発行することも難なくできる。

もう、財政破綻する心配はない。

消費税増税必要なし、物価上昇2%で毎年20兆円チャラ。

消費税6%相当、消費税増税による景気後退デメリットの方が大きい。

そして、国はいくらでも借金できるのだから、民間人も借金できる。

そして、ネットワークビジネスをやろう。

現金を持っていても、目減りして損するだけだ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

100万円の知識が今ならタダ!

東証が3日引け後に発表した、8月30日申し込み現在の信用取引残高(東京・名古屋2市場、制度信用と一般信用の合計)によれば、買い残は3週ぶりに増加し、前週比9億円増の2兆9615億円。一方、売り残は3週ぶりに減少し、同41億円減の4894億円となった。前週(8月26-30日)は、日経平均株価が反落し、TOPIX(東証株価指数)は続落。米国のシリアへの軍事介入が警戒され、週を通じて軟地合いが目立った。買い残の増加は小幅にとどまり、下げ過程での押し目買いは限定されたもようで、売り方の買い戻しも大きくは進まなかった。

 3日は、日経平均株価、TOPIXともに大幅続伸し、高値引け。ユーロ圏や中国の8月製造業PMI(購買担当者景気指数)の改善を背景に欧州の主要株価指数が軒並み上昇し、円安基調とともに株価指数先物主導で上げ基調を強めた。当日の信用関連データにも変化が生じている。松井証券が毎営業日公表する自社オンライントレード上の信用評価損益率によれば、この日は買い方がマイナス10.729%(2日はマイナス13.013%)と改善。売り方はマイナス11.453%(同マイナス9.572%)と悪化し、再び買い方優勢・売り方劣勢の構図に転換した。

 一方、売買代金に占めるカラ売り(信用取引を含む)の割合を示すカラ売り比率は、22.6%(2日は25.3%)に低下。2日は8月21日以来の25%台に上昇したが、再度の比率低下により、先安を見込んだ弱気派が後退したとみられる。

 なお、8月30日申し込み現在の信用取引残高を基に売り残50万株以上、信用倍率1倍未満で、売り残増・買い残減により、信用倍率の改善度が比較的大きな銘柄(信用規制銘柄を除く)では、不二越<6474>、近鉄百貨店<8244>、名古屋鉄道<9048>など。半面、信用買い残100万株以上で、信用倍率悪化度が大きい銘柄では、蛇の目ミシン工業<6445>、住友商事<8053>、三菱UFJフィナンシャルグループ<8306>などが挙げられる。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130905-00010000-biz_mos-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1204-8f0bc7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)