Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(3日)

物価が上がれば借金は目減りする?


アベノミクスによって毎年2%づつ、物価が上がったとしましょう。

すると、お金の価値も毎年2%づつ、目減りする。

ということは、借金も2%づつ、目減りする。

そしたら、「借金した方がお得だ」。

銀行にお金を預けている人が低金利に文句を言わない限り、

銀行も低金利でお金を貸してくれるはず。

そのお金でネットワークビジネスをやろう。

しかし、国の借金はどうなるのだろう?

発行済国債は、すでに利息が決まっているから国の負担は減るはず。

1000兆円の借金が毎年2%づつ、目減りすることになるのだから。

そして、債券価格が下がり、金利は上昇しそうだけど、

日銀の金融緩和により、市場にはお金が溢れているので、

金利は上昇しない。

そうなると、新たに国債を発行することも難なくできる。

もう、財政破綻する心配はない。

消費税増税必要なし、物価上昇2%で毎年20兆円チャラ。

消費税6%相当、消費税増税による景気後退デメリットの方が大きい。

そして、国はいくらでも借金できるのだから、民間人も借金できる。

そして、ネットワークビジネスをやろう。

現金を持っていても、目減りして損するだけだ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

100万円の知識が今ならタダ!


NY市場サマリー(3日)


ロイター 9月4日(水)7時28分配信







[3日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    99.56/59



始値    99.56/59



前営業日終値    98.14/17(30日)



ユーロ/ドル  終値   1.3170/72



始値   1.3168/72



前営業日終値   1.3220/24(30日)



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)     97*00.00(‐1*11.50)=3.7934%



前営業日終盤     98*11.50(‐0*01.50)=3.7162%(30日)



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)     96*28.00(‐0*20.00)=2.8632%



前営業日終盤     97*16.00(‐0*07.50)=2.7894%(30日)



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)     99*04.25(‐0*05.50)=1.6819%



前営業日終盤     99*09.75(‐0*05.25)=1.6457%(30日)



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)     99*29.25(‐0*01.00)=0.4184%



前営業日終盤    99*30.25(‐0*00.25)=0.4026%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値         14833.96(+23.65)



前営業日終値    14810.31(‐30.64)(30日)



ナスダック総合<.IXIC>



終値         3612.61(+22.74)



前営業日終値    3589.87(‐30.43)(30日)



S&P総合500種<.SPX>



終値         1639.77(+6.80)



前営業日終値    1632.97(‐5.20)(30日)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)<2GCZ3><GCZ3><0#GC:>



終値    1412.0(+15.90)



前営業日終値    1396.1(‐16.80)(30日)



COMEX銀(12月限)(セント/オンス)<2SIZ3><SIZ3><SIcv1><0#SI:>



終値    2442.9(+91.6)



前営業日終値    2351.3(‐62.7)(30日)



北海ブレント原油先物(10月限)(ドル/バレル)<LCOV3><LCOc1><0#LCO:>



終値    115.68(+1.35)



前営業日終値    114.33(+0.32)



米WTI原油先物(10月限)(ドル/バレル)<2CLV3><CLV3><CLc1><0#CL:>



終値    108.54(+0.89)



前営業日終値    107.65(‐1.15)(30日)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    292.7889(+1.6267)



前営業日終値    291.1622(‐2.6310)(30日)



<為替> ドルが主要通貨に対し6週間ぶりの高値をつけた。米国の経済指標が事前予想を上回る強い結果となったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が月内に量的緩和策の縮小開始に踏み切るとの期待感が強まった。ただ、主要な中央銀行が週内に政策決定会合を控えているほか、投資家がシリアに対する西側諸国の軍事攻撃の動きを慎重に見定める中で、主要通貨の値動きは比較的小幅なレンジにとどまった。



<債券> 債券価格が下落。オバマ米大統領が週末にシリアへの軍事介入に関して議会の承認を求める意向を示したことで、安全資産としての米国債の投資妙味が後退した。前日発表された欧州、中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が堅調な内容だったことに加え、この日発表の米ISM製造業部門景気指数が2011年6月以来の高水準となったことも圧迫した。力強い指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で段階的な資産買い入れ縮小に着手する公算が大きくなっている。



<株式> 小反発。米共和党の有力議員がシリアへの軍事介入を支持する考えを示したことを受け、上げ幅を縮小して取引を終えた。オバマ米大統領が前週末にシリアへの軍事介入について議会の承認を求める方針を決めたことで少なくとも数日は攻撃が先送りされたとの見方から、S&P500は朝方の取引で1%超上昇していた。



<金先物> シリアへの米軍事介入をめぐる警戒感の再燃を受けてリスク回避の買いが強まり、4営業日ぶりに反発した。



<米原油先物> 米国によるシリアへの軍事介入観測が強まったことを受け、反発した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000035-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ロトランナー【ロト7発売記念!大幅値下げ】


アイコン作成キット【iConpo (アイコンポ)】


10/27(日)きっと儲かる副業2013@東京セミナー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1202-f71dc074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)