Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

マレーシア 通年成長率予想を下方修正

物価が上がれば借金は目減りする?


アベノミクスによって毎年2%づつ、物価が上がったとしましょう。

すると、お金の価値も毎年2%づつ、目減りする。

ということは、借金も2%づつ、目減りする。

そしたら、「借金した方がお得だ」。

銀行にお金を預けている人が低金利に文句を言わない限り、

銀行も低金利でお金を貸してくれるはず。

そのお金でネットワークビジネスをやろう。

しかし、国の借金はどうなるのだろう?

発行済国債は、すでに利息が決まっているから国の負担は減るはず。

1000兆円の借金が毎年2%づつ、目減りすることになるのだから。

そして、債券価格が下がり、金利は上昇しそうだけど、

日銀の金融緩和により、市場にはお金が溢れているので、

金利は上昇しない。

そうなると、新たに国債を発行することも難なくできる。

もう、財政破綻する心配はない。

消費税増税必要なし、物価上昇2%で毎年20兆円チャラ。

消費税6%相当、消費税増税による景気後退デメリットの方が大きい。

そして、国はいくらでも借金できるのだから、民間人も借金できる。

そして、ネットワークビジネスをやろう。

現金を持っていても、目減りして損するだけだ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

100万円の知識が今ならタダ!


マレーシア 通年成長率予想を下方修正


SankeiBiz 9月3日(火)8時15分配信







 マレーシアが景気の先行きに警戒を強めている。同国のバンク・ネガラ(中央銀行)は今年第2四半期(4~6月期)の成長率を4.3%と発表。前期比では0.2ポイント拡大したものの、市場予想の4.7~4.9%を大きく下回る結果を受け、通年の成長率予想を5~6%から4.5~5%に下方修正した。現地紙スターなどが報じた。



 第2四半期の同国経済は、個人消費が前年同期比で7.3%拡大するなど内需が牽引(けんいん)して成長を維持した。一方で輸出は日米中などの需要が回復せずに6月まで5カ月連続で前年同月割れが続き、1~6月期の輸出額は約3378億リンギット(約10兆1100億円)で前年同期比3.8%減となっている。



 中銀のゼティ総裁は、内需については個人消費や既存のインフラ整備の実施などで今後も堅調を維持するとの見解を示したものの、輸出中心の新興国経済は外需の影響を受けやすいと指摘。マレーシアも例外ではないとし、「国外の需要低迷が国内景気に影響を及ぼしつつある」と成長率予想の下方修正を決断した理由を説明した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130902-00000022-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



2週間限定公開!「北田夏己の夢資金FX」


【販売開始】天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら~


2週間限定公開!「北田夏己の夢資金FX」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1200-1ae5e1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)