Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

消費税率引き上げ 住宅「歓迎ムード」 自動車「条件付き」

物価が上がれば借金は目減りする?


アベノミクスによって毎年2%づつ、物価が上がったとしましょう。

すると、お金の価値も毎年2%づつ、目減りする。

ということは、借金も2%づつ、目減りする。

そしたら、「借金した方がお得だ」。

銀行にお金を預けている人が低金利に文句を言わない限り、

銀行も低金利でお金を貸してくれるはず。

そのお金でネットワークビジネスをやろう。

しかし、国の借金はどうなるのだろう?

発行済国債は、すでに利息が決まっているから国の負担は減るはず。

1000兆円の借金が毎年2%づつ、目減りすることになるのだから。

そして、債券価格が下がり、金利は上昇しそうだけど、

日銀の金融緩和により、市場にはお金が溢れているので、

金利は上昇しない。

そうなると、新たに国債を発行することも難なくできる。

もう、財政破綻する心配はない。

国は、いくらでも借金できるのだから、民間人も借金できる。

そして、ネットワークビジネスをやろう。

現金を持っていても、目減りして損するだけだ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


消費税率引き上げ 住宅「歓迎ムード」 自動車「条件付き」


SankeiBiz 8月27日(火)8時15分配信







 消費税率を8%に引き上げるかについて、産業界では自動車、住宅などが「容認」、流通が「慎重」と業界ごとに温度差がある。ただ、自動車、住宅業界も消費税増税を容認する代わりに、自動車取得税、住宅ローン減税の拡充を求めるなど、“条件付き”の容認にすぎない。安倍晋三首相は秋の臨時国会前に増税の是非を判断するが、難しい決断を迫られそうだ。



 「容認」する自動車、住宅などの業界は「消費増税は財政健全化のためには必要で、先送りは許されない」との見解で一致。「賛成はしないまでも、消費税増税は既に決まったこと」(石油元売り大手幹部)と増税自体に強い反発が起きていない業界もある。



 ただ、自動車業界は、消費税増税のみが実施された場合、「新車販売は年間93万台押し下げられ、業界全体で約27万人の雇用が失われる」(日本自動車工業会)と試算。裾野の広い業界だけに、日本経済全体に減速感が広がるとし、その代わりに取得税減税を求めている。



 住宅・不動産業界もマンション、住宅1戸当たりの価格が高額なだけに、当初、消費増税に慎重だった。ただ、住宅ローン減税の拡充と、その恩恵が十分に受けられない中低所得者層を対象とした給付金制度が導入されるとあって、「現金給付は画期的」(住宅生産団体連合会の樋口武男会長)、「負担軽減に効果がある」(不動産協会の木村恵司理事長)など、一転して歓迎ムードが広がっている。



 日用品や食料品などを扱うスーパーなど流通業界は景気の腰折れリスクを懸念している。「まだ力強い消費が定着したとはいえない」(日本チェーンストア協会の井上淳専務理事)というのが理由で、28日の集中点検会合でも、この点を訴える見通しだ。



 一方で、消費税増税前の駆け込み需要を見越した動きも出ている。三菱電機の梅村博之常務執行役は「駆け込み需要は10月ごろから出てくるだろう。波が来る分、増税後は需要が落ち込むことが予想される」として、増税後の需要喚起策の検討に入った。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000002-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


FXパーフェクトマニュアル


【分割対応】弟子入り吉田式FX塾




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1187-d82e8138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)