Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

量的緩和、既に効果発揮しつつある=日銀総裁

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


量的緩和、既に効果発揮しつつある=日銀総裁


ロイター 8月26日(月)7時16分配信










量的緩和、既に効果発揮しつつある=日銀総裁


8月24日、日銀の黒田東彦総裁は、日銀が4月に導入した量的・質的緩和について「既にその効果を発揮しつつある」と述べた。写真は8日、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)





[ジャクソンホール 24日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は24日、米ジャクソンホールで開かれた金融・経済シンポジウムでのパネルディスカッションで、日銀が4月に導入した量的・質的緩和について「既にその効果を発揮しつつある」と述べた。



パネルディスカッションにはイングランド銀行のビーン副総裁も参加した。ビーン副総裁は英中銀が新たに示したフォワードガイダンスをめぐり「追加的な景気刺激を狙ったものではなく、われわれの反応の仕組みを明確にし、政策効果を高めることを意図している」と説明した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000000-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX革命DX


毎月安定した副収入を得るための「安心」「安全」資産運用型FX【NexusFX】~ネクサスFX~


FX革命DX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1185-5420f91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)