Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

コーン前FRB副議長、時期尚早な引き締め転換のリスク警告

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


コーン前FRB副議長、時期尚早な引き締め転換のリスク警告


ロイター 8月24日(土)9時34分配信










コーン前FRB副議長、時期尚早な引き締め転換のリスク警告


8月23日、米FRB前副議長のドナルド・コーン氏は、FRBが早過ぎる時期に金融引き締めに転じた場合、政策転換が遅過ぎた場合よりも大きなリスクに直面するとの考えを示した。写真は2010年1月撮影(2013年 ロイター)





[23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)前副議長のドナルド・コーン氏は、FRBが早過ぎる時期に金融引き締めに転じた場合、政策転換が遅過ぎた場合よりも大きなリスクに直面するとの考えを示した。



コーン氏はブルッキングス研究所を通して発表した論文で、利上げ実施は「(経済の)過熱リスクとインフレ率が継続的に目標を超えて上昇するリスク」に左右されるとし、緩和的な金融政策の引き揚げの決定は、今回はとりわけ困難なものとなるとの考えを示した。



コーン氏は70歳。2010年2月にFRB副議長を退任し、現在ブルッキングス研究所のシニアフェローを勤めている。来年1月に任期が終了するバーナンキFRB議長の後任候補として、オバマ大統領はメディアに対しサマーズ元財務長官とイエレンFRB副議長の名前しか挙げていないが、前月オバマ大統領に個人的に面会した議員筋によると、大統領はコーン氏も候補の1人として検討している。



最近の調査でもコーン氏の名前は第3位、もしくは4位の候補として浮上。今回ブルッキングス研究所を通して発表した論文は、コーン氏が次期FRB議長に就任した場合、同氏の政策運営の方針を知る上で格好の材料となる。



コーン氏は論文で、FRBがリセッション(景気後退)に対処するために導入してきた数々の非標準的措置の引き揚げにあたりFRBが直面する主要な課題について考察。「早過ぎる時期にこうした措置を引き揚げ、利上げを実施したことの結果として、経済が予想を超えて減速した場合、対策が後手に回りインフレ率が予想を超えて上昇した場合と比べて、コストは大きい」との考えを示した。



コーン氏はまた、インフレが抑制されている限り失業率が6.5%に低下するまで超低金利政策を継続するとのFRBの方針に支持を示した。



資産バブル形成のリスクについては、こうしたリスクに対処するために早過ぎる時期に利上げを実施することは、「特にインフレと生産の目標を達成するにあたり、悪影響を及ぼす」とし、効果的な規制を導入して対応することを提案した。



FRBが現在月額850億ドルの規模で実施している資産買い入れについては、「活用されていない資源が活用され始められるほどに経済が成長した時に、ただし経済が過熱する危険性が表れるかなり前に、規模縮小もしくは停止される公算が大きい」との見方を示した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130824-00000030-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



鳳凰フェニックスバイナリー 無制限版


滑舌矯正書


FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1182-b30138a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)