Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

設備投資、製造業の海外シフト止まらず 「攻め」重視へ企業後押し

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


設備投資、製造業の海外シフト止まらず 「攻め」重視へ企業後押し


SankeiBiz 8月24日(土)8時15分配信










設備投資、製造業の海外シフト止まらず 「攻め」重視へ企業後押し


(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 一部に明るい兆しが見える国内の設備投資が、景気回復につながるかは不透明な面も多い。企業の関心は海外に依然向き、国内の設備投資も設備の維持や補修など「守り」を重視する姿勢が強いためだ。「前向き」の投資へと企業の背中を押すためには、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による支援の強化が必要との見方が多い。



 「アベノミクス効果でさまざまな分野で需要が伸び、採算レートを大幅に上回る円安水準も定着しており、国内の設備投資は回復していく」。SMBC日興証券の宮前耕也シニアエコノミストはこう指摘する。



 さらに、機械や装置などを受注する企業の収益拡大につながる「波及効果」も見逃せない。設備投資の増加に伴い「省エネを進める企業の空調需要も取り込める」(三菱電機の梅村博之常務執行役)と期待の声が上がる。



 ただ、自動車を中心に製造業の海外シフトは止まらない。日本政策投資銀行の調査によると、大企業製造業の設備投資は2012年度に続いて13年度も国内外ともに伸びる計画となっているものの、前年度比13.7%増の海外投資に対して国内投資は11.2%増とやや下回る。また、目的別の構成比は13年度計画で「維持・補修」(25.6%)が「能力増強」(23.6%)を初めて上回り、「合理化・省力化」の割合も上昇した。



 このため、同行の穴山真・産業調査部長は「国内の設備投資が今後、本格的に改善するかは予断を許さない」と分析する。



 為替相場の円安傾向で誘発された企業の設備投資が、景気を好循環に導く牽引(けんいん)役になるには力不足と見る向きは強い。「規制緩和や法人税減税などで企業の競争力を高め、新産業を興しやすい環境づくりも不可欠」(宮前氏)と、政策面での後押しを求める声は少なくない。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130823-00000006-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



キャンドルマイスターFX


井手式7daysFX


プラチナムラインFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1181-7c7638ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)