Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

FOMC議事録:9月の緩和縮小発表示唆-市場関係者の見方

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


FOMC議事録:9月の緩和縮小発表示唆-市場関係者の見方


Bloomberg 8月22日(木)9時53分配信







  8月21日(ブルームバーグ):米連邦準備制度理事会(FRB)が21日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、7月30-31日開催)の議事録によれば、会合のほぼ全参加者は景気が予想通り改善された場合、債券購入のペースを年内に減速させるというバーナンキ議長の計画を「おおむね支持」していることが分かった。一方で2、3人は「近いうち」に縮小開始が必要になる可能性を指摘した。これについて、市場関係者は以下のようにコメントした。





◎次の政策変更への洞察ほとんど与えず-ジェフリーズ:  21日公表されたFOMC議事録では債券購入縮小の時期と程度はほとんど何も明らかにならなかったと、ジェフリーズのエコノミスト、ウォード・マッカーシー氏が顧客向けリポートで指摘した。  緩和縮小の開始は早くて9月、最も遅くて12月だろう。  当局者は7月31日に、万一の事態への備えで新しいことは何もしなかった。





◎米国債市場に弱気な要因と解釈される-CRT:  バーナンキFRB議長が示した緩和策縮小のスケジュールへの幅広い支持や住宅市場の改善に関するコメントから見てFOMC議事録は米国債市場に「弱気」な要因と解釈される。CRTキャピタルのストラテジスト、イアン・リンジェン氏が顧客向けリポートで指摘した。  バーナンキ議長が示した縮小スケジュールへの幅広い支持は9月の緩和策縮小を裏付けるものであり、米国債に最もネガティブな要因だ。





◎7月の議事録、6月のスタンスから変化ない-ドイツ銀行:  6月の会合やバーナンキ議長の半年に一度の議会証言の後に高まった市場の期待をFOMCが変えたくないと考えたことは、「市場が基本的には当局のメッセージを適切に聞いていた」ことを示唆するとドイツ銀行のストラテジスト、アラン・ラスキン氏がリポートで指摘した。  米国債の反応に他の市場が追随する動きとなっており、議事録は新興市場のストレスを明らかに軽減する内容ではない。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130822-00000024-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・リアルタイム売買シグナル感知ソフトアラーム通知機能&FXポイントマニュアルおまけ付き!


Mr.コージ最新作!鉄板指標マスターFX~目指せ!1日5分の専業トレーダー!!~


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX USD/JPYペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1178-2cc4fc1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)