Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米国債:続落、緩和縮小観測で-週間では2カ月ぶり大幅安

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


米国債:続落、緩和縮小観測で-週間では2カ月ぶり大幅安


Bloomberg 8月17日(土)5時1分配信







  8月16日(ブルームバーグ):米国債相場は続落。10年債利回りは週間ベースではほぼ2カ月ぶりの大幅上昇となった。景気回復が強さを増す中、金融当局が9月に債券購入プログラムを縮小するとの見方が広がった。





5年債と10年債の利回り格差はほぼ2年ぶりの幅に拡大し、経済成長を背景に長期金利は上昇すると投資家が見込んでいることを示唆。労働市場の改善が示されたことを受けて、緩和縮小観測があらためて強まった。





キャンター・フィッツジェラルドの金利取引責任者、ブライアン・エドモンズ氏は「波乱要因がたくさんある」と指摘。「米国債市場では買い手がそれほどいないという事実を認めなくてはならない」と述べた。





ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間午後2時55分現在、10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.84%。同年債(表面利率2.5%、2023年8月償還)価格は18/32下げて97 3/32。





同利回りは一時2.86%と、2011年7月以来の高水準をつけた。週間では26bp上昇し、6月21日終了週以来の大幅上昇となった。





原題:Treasuries Set for Biggest Drop in Almost 2 Months on FedBets(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Susanne Walker ,swalker33@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Dave Liedtka ,dliedtka@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130817-00000006-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会あり】


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会なし】


FXデイトレチャンス




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1168-d3f708ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)