Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

新聞読者86%が参院選投票 ネット選挙運動の活用は限定的

給料が増えれば個人消費が増えて景気がよくなるというのは、本当でしょうか?


給料が増えても、欲しいものがなければ消費は増えないと思います。

その前に国の借金が1000兆円まで膨れ上がった経緯を検証する必要があるでしょう。

民需がないから需要を作るために政府が借金して政府支出として需要を作った。

そうしなければ、失業者で溢れる。本来、増税して政府支出を増やすべきだったが、

選挙で負けるから借金で逃げた。

これは、事実でしょうか?

事実として話を進めると、根本原因は需要不足です。

もっと、詰めると民間人に需要を作り出せる人材がいなかった。

それでは、需要を創るにはどうすればいい?

それは、消費税増税でもなければ、財政出動でもない。

「需要を創りだす人材が自分自身も豊かになれるし、国も救う」というメッセージだけです。

そうすれば、民間人、一人一人が需要を創ることに一生懸命になるのです。

会社の給料は少なくてもいい。

個人で需要を作り出して他で稼ぐ。

こういったマインドになれば、景気は良くなるはずです。

そして、ITの進化によって、その環境は整っています。


新聞読者86%が参院選投票 ネット選挙運動の活用は限定的


SankeiBiz 8月15日(木)8時15分配信







 産経、朝日、日経、毎日、読売など新聞13紙は14日、各紙の読者モニターを対象にした参議院選挙(7月21日実施)の投票に関する共同調査結果を発表した。



 投票した人は85.6%で、実際の投票率52.61%(選挙区)を大幅に上回り、新聞読者の関心の高さが際立った。参考にした情報は「新聞記事」が70.0%で群を抜き、「テレビ番組(政見放送以外)」(36.6%)「選挙公報」(29.8%)を大きく引き離した。重視した政策や課題は(1)原発・エネルギー(44.9%)(2)経済政策・景気対策(39.6%)(3)年金制度(35.4%)(4)憲法改正(32.7%)(5)医療・介護制度(28.9%)と消費税の見直し(同)-の順。



 解禁されたネット選挙運動については、政党や候補者の「ホームページを見に行った」(16.8%)▽「SNSのアカウントなどを登録した」(4.3%)▽「メール受信のための情報登録をした」(3.3%)と活用は限定的だった。



 調査は新聞広告共通調査プラットフォーム「J-MONITOR」を利用し、パソコンによるインターネットで行い、4550人から回答を得た(回収率70.3%)。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000007-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



s0421【楽販アフィリオ】FXコア-小笠原が遂にFX自動売買システムを公開!!


FXテクニカルマスター


生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1163-c7da4e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)