Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

4~6月期、GDP2.6%増 3四半期ぶり「名実逆転」解消

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


4~6月期、GDP2.6%増 3四半期ぶり「名実逆転」解消


SankeiBiz 8月13日(火)8時15分配信







 内閣府が12日発表した2013年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.6%増、年率換算では2.6%増となった。個人消費が堅調に推移、円安を追い風にした輸出も好調だった。4~6月期GDPは、来年4月の消費税率引き上げの大きな判断材料になる。9月9日に発表されるGDP改定値や今後発表される雇用などの各種統計を参考に安倍晋三首相が今秋にも判断することになる。



 プラス成長は3四半期連続。3%台が中心だった市場予想を下回ったほか、1~3月期の年率3.8%増(12日に改定)からは鈍化した。



 物価の動きを反映し、生活実感に近いとされる名目GDPは前期比0.7%増、年率換算では2.9%増となり、12年7~9月期以来、3四半期ぶりに実質が名目より高い「名実逆転」を解消した。



 安倍首相は12日に官邸で、記者団に「景気は順調に上がってきている」と語ったが、消費税率引き上げについてはコメントを避けた。甘利明経済再生・経済財政担当相は同日の記者会見で、「(消費税率引き上げの)判断材料の一つとして、いい数字が出た」と評価するとともに今後は「設備投資回復の後押しが重要だ」と述べた。



 個別の項目では、GDPの約6割を占める個人消費は、前期比0.8%増と3四半期連続のプラス。円安と株高が進み、消費者心理が改善し高額品の売れ行きが好調だったうえ、6月は暑い日が続き、エアコンや飲料などの販売も増えた。



 公共投資は、2月に成立した12年度補正予算に含まれる緊急経済対策の効果が出始め、1.8%増。輸出は、円安の影響で自動車が伸びたほか、日本を訪れる外国人旅行客も増え、3.0%増だった。



 一方、設備投資は船舶や自動車向けが伸び悩み、0.1%減で6四半期連続のマイナス。民間住宅も資材価格の高騰などを受け、0.2%減と5四半期ぶりのマイナスだった。



 実質GDPの伸び率に対する寄与度は、内需がプラス0.5%、輸出から輸入を差し引いた外需がプラス0.2%だった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130812-00000001-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スタートフリーバイナリーメジャー MT4


FXリバーストレードダメトレ君


Will Power FX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1159-c0ed5507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)