Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

業績好調相次ぐ国内主力企業、アベノミクス効果、4-6月決算

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


業績好調相次ぐ国内主力企業、アベノミクス効果、4-6月決算


Bloomberg 8月12日(月)0時0分配信







  8月12日(ブルームバーグ):アベノミクス効果に伴う円安進行や株価上昇による消費マインド改善などを受け、自動車やエレクトロニクスなど国内主力企業の4-6月期の業績は市場予想を相次いで上回った。





ブルームバーグ・データによると、4-6月期の日経225銘柄のうち、市場予測と比較可能な117社の1株当たり純利益の総額はアナリスト予想を約16%上回り、上振れ率は2年ぶりの水準となった。また、すでに決算を発表した216社のうち、比較可能な213社の1株当たり純利益総額は前年同期比で倍増した。昨年6月末から今年6月末にかけて円は対ドルで約20%下落した。





トヨタ自動車、ソニー、日立製作所など主力企業の純利益は、市場予想を上回っており、過去15年間にわたるデフレからの脱却を目指す安倍晋三首相にとって追い風となりそうだ。





みずほ投信投資顧問の青木隆シニアファンドマネジャーは日本企業の「業績上振れのモメンタムは米国や欧州に比べて良好」だと指摘。「設備投資は回復していく方向にあり、回りまわって個人消費も上向いてくるだろう」と述べた。





国内大手自動車メーカーの4-6月期業績は、円安効果などにより、トヨタの純利益が前年同期比で倍増の5622億円となったほか、日産自動車は同14%増の820億円だった。一方、ホンダの純利益は国内販売の落ち込みや営業外収支の悪化が響き、同7%減の1225億円となり、明暗が分かれた。今期業績については、トヨタが純利益予想を8%上方修正して1兆4800億円に見直し、日産自とホンダは据え置いた。





円安で上方修正 ,H2





電機業界も一様に為替メリットを享受した。ソニーは想定以上の円安を理由に今期の売上高見通しを5%上方修正した。このほか日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運3社も円安効果で4-6月期決算では純損益が前年同期から黒字転換した。





第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは、4-6月の企業決算の好業績は円安による為替差益が主な背景であり販売数量の増加にはあまり結びつかなかったと指摘。その上で、「円安の数量効果が出るには3四半期から1年くらいかかる」として、7-9月期決算にさらなる業績上振れが期待できるとの見方を示した。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130812-00000001-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX完全攻略手法


FX完全攻略手法


【最新ロジック搭載】アキュレートバイナリー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1157-8cab6d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)