Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(9日)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


NY市場サマリー(9日)


ロイター 8月10日(土)8時23分配信







[9日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    96.20/26



始値    96.49/50



前営業日終値    96.70/74



ユーロ/ドル  終値   1.3339/44



始値   1.3372/73



前営業日終値   1.3379/8130年債



(2105GMT)     99*25.50( NA )=3.6362%



前営業日終盤     85*19.00(+0*05.50)=3.6748%10年債



(2105GMT)     99*09.50(+0*02.00)=2.5802%



前営業日終盤     99*07.50(  NA )=2.5874%5年債



(2105GMT)     100*03.00(+0*00.50)=1.3554%



前営業日終盤    100*02.50(+0*01.50)=1.3587%



2年債



(2105GMT)     99*28.50( 0*00.00)=0.3058%



前営業日終盤    99*28.50( 0*00.00)=0.3056%ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値         15425.51(‐72.81)



前営業日終値     15498.32(+27.65)



ナスダック総合<.IXIC>



終値         3660.11(‐9.01)



前営業日終値     3669.12(+15.11)



S&P総合500種<.SPX>



終値         1691.42(‐6.06)



前営業日終値     1697.48(+6.57)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)



終値    1312.2(+2.3)



前営業日終値    1309.9(+24.6)



COMEX銀(9月限)(セント/オンス)



終値    2040.7(+21.4)



前営業日終値    2019.3(+68.5)



北海ブレント原油先物(9月限)(ドル/バレル)



終値    108.22(+1.54)



前営業日終値    106.68(‐0.76)



米WTI原油先物(9月限)(ドル/バレル)



終値    105.97(+2.57)



前営業日終値    103.40(‐0.97)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    285.3806(+1.8942)



前営業日終値    283.4864(+1.9498)



<為替> ドルが主要通貨に対して上昇。最近の売りは行き過ぎだったとの見方や、来週発表される指標が米経済の改善を示唆する可能性があるとの観測が支援材料となった。



前週末2日に発表された7月の雇用統計を受けて米連邦準備理事会(FRB)が9月にも量的緩和縮小に着手するとの観測が後退したことで、ドルはこのところ主要通貨に対し下落が続いていたが、この日は一部市場関係者の間で、金融緩和の縮小ではFRBが他の主要中銀に先行する公算が依然として大きいことを踏まえると、最近のドル安は行き過ぎとの見方が広がった。



また、来週発表される米経済指標では小売売上高の増加や消費者物価指数(CPI)の上昇が予想されており、向こう数カ月間の緩和縮小観測を強める可能性がある。



主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.2%高の81.124。前日は一時、6月19日以来の低水準となる80.868をつけていた。



ドルは対円では0.5%安の96.23円となった。



<債券> 国債価格が薄商いのなか上昇。四半期定例入札を前日までに終え、この日は入札が行われなかったほか株安となったことが背景。



指標10年債は3/32高。利回りが2.58%。前日終盤時点の2.595%から低下した。前週は2.644%だった。



30年債利回りは3.635%となった。



トレーダーによると、今週の四半期定例入札が堅調だったことやテクニカル的に前向きな兆しがみられることで、利回りが一段と低下した。今後も小幅な上昇が続けば向こう2週間で10年債利回りは2.50%を割り込む可能性があるという。安全資産としての米国債への選好が強まれば株価の調整が進み、米国債の利回り低下に拍車がかかる可能性もあるとみられている。



<株式> 反落。米連邦準備理事会(FRB)による刺激策縮小の開始時期が焦点となる中、週間では6月以来の大幅安となった。



週間では、ダウが1.5%安と7週間ぶりに下落。ナスダックは0.8%安、S&Pは1.1%安。



JCペニー<JCP.N>は5.8%安。同社の主要株主ビル・アックマン氏は同社取締役会に対し、次期会長を選出するよう要請した。



オバマ米大統領が、来年1月に退任するとみられているバーナンキFRB議長の後任について秋に決定すると述べたことを受け、相場は取引終盤にかけ下げ足を速めた。



<金先物> 中国の経済指標を好感して3日続伸した。夏季休暇入りしている市場参加者が多く、週末を前に閑散な商い。中国の良好な7月の鉱工業生産を受けて金の需要拡大期待が高まったことが買い材料となった。また、この日唯一の米景気指標となった6月の卸売売上高の在庫統計は予想外の減少を示し、これに対する失望感から米株式市場で徐々に売りが拡大。リスク回避志向の強まりを背景に金塊は物色され、午前の遅い段階でこの日の高値を付けた。ただ、その後は外為市場のドル高・ユーロ安などが重しとなって買いが細り、小幅プラス圏で取引を終えた。



<米原油先物> 堅調な中国の経済指標などを背景に買われ、6日ぶりに反発した。中国国家統計局が同日発表した7月の鉱工業生産は前年同月比9.7%増と、前月から大きく上伸した。これを受け、エネルギー消費見通しに楽観的な見方が広がり、原油は買い進まれた。また、最近の下落傾向を受け、安値拾いの買いも入った。また、石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報で、7月の産油量がリビアの減産を背景に前月から減少。需給引き締まり観測が改めて強まったことも、原油の買いを誘った。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130810-00000025-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



■ウェーブキャッチFX 全5通貨ペア コンプリートセット■月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付


マルチヒットバイナリーBO_FX


FX THE -RULE- Pro




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1156-f301e343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)