Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<消費動向調査>消費心理また悪化 基調判断8カ月ぶり下げ--7月

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


<消費動向調査>消費心理また悪化 基調判断8カ月ぶり下げ--7月


毎日新聞 8月10日(土)9時23分配信







 内閣府が9日発表した7月の消費動向調査によると、消費者心理を表す消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整値)は前月から0.7ポイント低下の43.6と、2カ月連続で悪化した。給与が上がらない一方、円安などを背景に食品やガソリンなど生活必需品が値上がりしていることが影響したとみられる。内閣府は「懐が温まらないことと物価上昇の両方が消費者心理の悪化につながった」と分析。基調判断を前月の「改善している」から「改善のテンポが緩やかになっている」に下方修正した。判断引き下げは12年11月以来、8カ月ぶり。



 安倍政権はアベノミクスでデフレ脱却と景気活性化を目指すが、広がる物価高に給与引き上げが追いつかず、暮らしを圧迫していることを鮮明にした。



 7月は指数を構成する4指標のうち、「収入の増え方」「耐久消費財の買い時判断」「暮らし向き」の三つが前月に続き悪化。「雇用環境」の指数は有効求人倍率の上昇などを反映し改善した。



 6月の毎月勤労統計調査では従業員5人以上の企業のボーナスや残業代を除いた所定内給与が0.2%減。一方、「耐久消費財の買い時判断」では、デジタルカメラなどのデジタル家電の価格が一時より上がっていることが影響したとみられる。



 1年後の物価見通しについては「上昇する」との回答が前月比2.3ポイント増の86.2%と、7カ月連続拡大。2008年9月(86・7%)以来、4年10カ月ぶりの高水準となった。【丸山進】





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130810-00000010-maiall-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXトレンドレーダー


■スイッチポイントFX5通貨ペアセット通常版■月間8500pipsを見よ!


「激スキャFX」(Violent Scalper)/FX激烈スキャルピングトーレード指南システム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1155-088bfbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)