Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

水上バスに納涼クルーズ 「船」活況はプチバブル的な現象か

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


水上バスに納涼クルーズ 「船」活況はプチバブル的な現象か


NEWS ポストセブン 8月4日(日)7時6分配信







 この夏、“水上”に人が集まっている。観光やレジャー、あるいは交通手段として、「船」を利用する人が増えているのだ。東京では、スカイツリーの開業以来、近くの隅田川をめぐる船観光が人気を博している。また、東京をはじめ、大阪、諏訪などで水陸両用バスの運行が始まるなど、これまでにない楽しみ方も登場。暑さと手軽な新しさが、人を水辺に引き寄せているようだ。



 浅草などをめぐり、スカイツリーを船上から眺める水上バス。旅行会社などの観光ルートに組み込まれることも多く、東京都公園協会が運営する東京水辺ラインの乗客数は2012年、過去最高を記録した。今年もその勢いは続いているという。「スカイツリーをはじめ、東京の街並みを船から眺めることが、観光の定番として定着しつつあります」と関係者は語る。



 夜の船も人気だ。7月から約3か月間、毎日運航する東京湾納涼船。東京湾を周遊しながら、美しい夜景と食事を楽しむ約2時間のクルージングだ。昨年は過去最高の13万人を動員。今年も、すでに8月下旬まで予約でいっぱいだという。浴衣着用で割引特典が付くなど、多様なサービスも人気の一つのようだ。



 日の丸自動車興業の水陸両用バスは、すでに大阪などで運行されおり、東京でも今年から運行が始まった。水上用と陸上走行用の2つのエンジンが搭載されており、文字通り、陸と水上の両方を走る。乗車経験者は「アトラクションのようで楽しい」と語る。バスからの景色を楽しむだけではなく、乗ること自体を楽しめると好評だ。



 昨年には成田空港に船着き場が完成した。空港と都内を結ぶ水上タクシー「リムジンボート」は、東京のウオーターフロントを見物しながら都内に向かうとともに、交通渋滞のない交通として注目を集めている。



 船が活況を呈する状況について、「船上という“異空間”が人気を集めています」と語るのは、船井総合研究所の上席コンサルタントである岩崎剛幸氏だ。



「東京に限らず、地方でも、いま船の存在感は増しています。景気が少し上向きになってきて、未体験や非日常への欲求が高まっているんですね。どうせお酒を飲むなら、普通の飲み会ではなく、船の上が楽しそうだと。プチバブル的な現象とも言えますが、ナチュラルでアウトドアな志向性が、かつてのバブルとは違うところです」



 未経験や非日常を求める傾向は、船に限ったことではないと、岩崎氏は指摘する。



「この傾向は、百貨店などの消費傾向にも当てはまります。売り場にバーを置いた新宿伊勢丹の好調が続いているように、多くの人は、モノ自体よりも、驚きや新鮮さを求めて消費をしている。そうした消費者のニーズと、夏という季節、そして船会社のニーズなどが一致して、いま、船に注目が集まっていると考えられます」










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130804-00000006-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1143-ef0b10ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)