Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(1日)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


NY市場サマリー(1日)


ロイター 8月2日(金)7時24分配信







[1日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    99.53/55



始値    98.66/71



前営業日終値    97.89/93



ユーロ/ドル  終値   1.3207/09



始値   1.3234/37



前営業日終値   1.3301/03



30年債



(2105GMT)     84*10.00(‐1*24.00)=3.7542%



前営業日終盤     86*02.00(+0*15.00)=3.6457%



10年債



(2105GMT)     91*26.00(‐0*31.50)=2.7079%



前営業日終盤     92*25.50(+0*05.00)=2.5876%



5年債



(2105GMT)     99*14.50(‐0*15.75)=1.4890%



前営業日終盤     99*30.25(+0*00.50)=1.3864%



2年債



(2105GMT)     99*27.00(‐0*01.00)=0.3286%



前営業日終盤     99*28.00( 0*00.00)=0.3128%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値     15628.02(+128.48)



前営業日終値    15499.54(‐21.05)



ナスダック総合<.IXIC>



終値     3675.74(+49.37)



前営業日終値    3626.37(+9.90)



S&P総合500種<.SPX>



終値     1706.87(+21.14)



前営業日終値    1685.73(‐0.23)



COMEX金(12月限)(ドル/オンス)



終値    1311.20(‐1.80)



前営業日終値    1313.00(‐11.80)



COMEX銀(9月限)(セント/オンス)



終値    1962.4(‐0.4)



前営業日終値    1962.8(‐5.2)



北海ブレント原油先物(9月限)(ドル/バレル)



終値    109.54(+1.84)



前営業日終値    107.70(+0.79)



米WTI原油先物(9月限)(ドル/バレル)



終値    107.89(+2.86)



前営業日終値    105.03(+1.95)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    285.0770(+1.1345)



前営業日終値    283.9425(+2.2626)



<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ圏の金利は現在もしくはそれより低い水準が長期間続くとの見通しをあらためて表明したことで、ユーロが対ドルで下落した。これに対してドルは、米新規失業保険週間申請件数や供給管理協会(ISM)の7月製造業景気指数が経済の着実な改善を示したため、幅広く上昇した。



終盤のユーロ/ドルは0.7%安の1.3208ドルで日足ベースの下落率では7月9日以来の大きさ。ドラギ総裁の発言後には一時約1週間ぶりの安値となる1.3196ドルまで売られた。



終盤のドル/円は1.7%高の99.54円で、上昇率は2カ月ぶりの大きさだった。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は1.2%高の82.398。



米国とドイツの指標10年国債の利回り差は2週間ぶりの水準に拡大し、ドルの支援材料になっている。



<債券> 国債価格が大幅下落。10年債利回りは2年ぶりの高水準近辺に上昇した。米経済指標を手掛かりに、連邦準備理事会(FRB)による緩和規模の早期縮小をめぐる観測が再び広がった。



期間が長めの国債利回りは、1日の上昇幅が7月5日以降で最大となる勢い。この日の株式市場では、S&P500<.SPX>指数が初めて1700ポイントの大台に乗せた。



<株式> 上昇し、ダウとS&P総合500種終値がともに過去最高値を更新。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で資産買い入れ規模の縮小開始が近いことが示唆されなかったほか、新規失業保険申請件数など米指標が堅調な内容だったことを受け、S&P総合500種は1700台に乗せた。



ダウ工業株30種は一時1万5650.69ドルまで上昇、S&P総合500種も一時1707.85まで上伸し、共に日中取引時間の最高値を更新した。ナスダックは13年ぶり高値をつけた。



全面高となりS&P総合500種は10セクター全てがプラス圏で取引を終えた。景気に敏感な金融株や工業株、嗜好品株の上昇が目立った。



金融株ではJPモルガン<JPM.N>が1.5%、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>が2.4%、それぞれ値上がりした。



グーグルとアップルもS&P500種を押し上げた。グーグル<GOOG.O>は1.9%高、アップル<AAPL.O>は0.9%高。



<金先物> 対ユーロでのドル高を背景とした売りなどに押され、小幅安で引けた。金塊相場は高寄り後、売りに転じた。朝方発表された米新規失業保険新規失業保険申請件数は前週比1万9000件減の32万6000件と、堅調な内容となった。さらに、米サプライ管理協会(ISM)が発表した7月の米製造業景況指数が約2年ぶりの高水準を付けた。これを受けて、米景気の先行きに楽観的な見方が広がり、ドルが対ユーロで上伸。ドル建てで取引される金塊などの商品の割高感につながり、売りを誘った。また、堅調な一連の米経済指標を受けて、米株式相場が取引時間中の最高値を更新。株式に資金が集まる中で、金塊を手放す動きも見られた。



<米原油先物> 国内外の堅調な経済指標を受けて続伸。米国産標準油種WTIの9月限は、中心限月としては7月19日以来約2週間ぶりの高値で終了した。10月限は2.71ドル高の106.93ドルで引けた。



原油相場は朝方から堅調に推移。一連の良好な内容の米経済指標を受けて、原油相場は一段高となった。さらに、米株価が堅調に推移したことも原油相場の支援材料となり、相場は一時108.06ドルまで上昇。そのまま高値圏で取引を終えた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130802-00000036-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【販売開始】天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら~


【販売開始】天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら~


+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1139-1c5b0c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)