Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

「スカイアクティブ」国内外で好調 円安効果 富士重、営業益4倍696億円

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


「スカイアクティブ」国内外で好調 円安効果 富士重、営業益4倍696億円


SankeiBiz 8月1日(木)8時15分配信







 富士重工業が31日発表した2013年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比約4倍の696億円となり、四半期ベースで過去最高を記録した。為替の円安効果が営業利益ベースで401億円に達し、輸出採算が大きく改善した。



 最終利益も約3倍の484億円に上り、4~6月期としては過去最高となった。



 売上高は27.5%増の5469億円。世界販売台数が2万5300台増の19万1200台となり、4~6月期として過去最高だった。主力の米国が2万4000台増の10万6400台と好調だったほか、国内も小型車「インプレッサ」などの販売が伸びた。



 14年3月期の業績見通しは、期初予想に比べ売上高を300億円増の2兆800億円、営業利益を180億円増の1980億円に上方修正した。



 マツダも同日、13年4~6月期連結決算を発表し、営業利益が前年同期の約20倍にあたる365億円となり4~6月期として過去最高を更新した。低燃費化技術「スカイアクティブ」を搭載した車種の販売が国内外で好調だった。円安も営業利益を292億円押し上げる要因となった。



 最終利益は54億円となり、前年同期の64億円の赤字から黒字転換した。売上高は21.6%増の6158億円。



 通期見通しについては「為替動向や新興国の景気が不透明なので慎重に見極める」(藤本哲也執行役員)として期初予想を変更しなかった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000019-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX OHANA式トレード第二巻


FX OHANA式トレード第二巻


新世代 FX王 No.1




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1136-444cef5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)