Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

中国人民銀高官、不動産ブームと金融緩和の関連性を否定

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


中国人民銀高官、不動産ブームと金融緩和の関連性を否定


ロイター 7月31日(水)12時37分配信










中国人民銀高官、不動産ブームと金融緩和の関連性を否定


7月31日、中国人民銀行の盛松成・調査統計局長は、住宅価格の上昇は潤沢な資金供給ではないとし、不動産ブームと金融緩和の関連性を否定。写真は北京で6月撮影(2013年 ロイター)





[北京 31日 ロイター] - 中国人民銀行の盛松成・調査統計局長は31日、住宅価格の上昇は潤沢な資金供給ではなく不均衡な需給関係が原因とし、不動産ブームと金融緩和の関連性を否定した。



金融政策は、特定の品目の価格ではなく、全体の消費者物価の安定維持を主要目標の1つとしていることを強調した。



人民銀行が発行する金融時報への寄稿で「住宅価格の上昇は地域ごとに異なるが、マネーは国全体で自由に流通する。特定の品目の価格抑制には、マネーサプライの観点から原因を探るより、需給関係の改善が効果的」との考えを示した。



中国の住宅価格は、昨年中頃に人民銀行が景気支援の一環として金融緩和の拡大を始めて以来上昇している。



政府は、不動産バブルと国民の不満を背景とした社会不安を懸念し、さまざまな価格抑制措置を講じている。しかし、旺盛な不動産需要と、資金調達のため開発業者への土地売却に迫られる地方政府の現状を背景に、目立った成果はあがっていない。



6月の住宅価格は、前月比では3カ月連続で伸びが鈍化したが、前年比では今年最大の上昇率となっている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000073-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



SECURITY FX【セキュリティFX】


うねりFX


終身雇用FX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1135-a9c9fa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)