Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

百貨店、紳士服も売れている 「景気回復のサイン」バブル後、最も高い伸び

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


百貨店、紳士服も売れている 「景気回復のサイン」バブル後、最も高い伸び


J-CASTニュース 7月31日(水)11時39分配信







 百貨店の紳士服・洋品が好調だ。2013年6月の売上高はバブル経済崩壊後で最も高い伸びを示した。



 これまでは高級時計や宝飾品など高額商品がけん引してきた百貨店の売り上げだが、「景気回復のサイン」ともいわれる紳士服・洋品の売上高が上向いてきたことで、百貨店は喜んでいる。



■6月7.5%増 「トラッド・スタイル」が売れる



 日本百貨店協会によると、夏物スーツを含む紳士服・洋品の売上高(既存店ベース)は2013年5月が前年同月比2.5%増の362億円、6月は7.5%増の372億円となった。プラスは2か月連続。5月がプラスになったのは1991年以来。6月は90年の15%以来の高い伸びとなった。



 同協会は、「紳士服・洋品全体の売り上げは1991年1月に7.5%の伸びを示したことがありますが、それ以降、東日本大震災直後を除けば、バブル経済崩壊後で最も高い伸びになります」と話す。



 そごう西武によると、西武池袋本店では5月のスーツの売上高が前年同月比15%、6月は22%といずれも大幅増えた。全店合計でも6月は6%増、7月も3%増で推移している。



 ビジネスマンの服装のカジュアルになったうえ、クールビズの影響もあって、夏場のスーツ市場は長く冷え込んでいた。しかも景気低迷でスーツを買い控えていた人は少なくないが、「アベノミクス効果で消費者の気持ちに余裕ができて、買い替え需要が喚起されました。トラッド・スタイルの、『ニューヨーカー』や『ブルックスブラザーズ』『五大陸』(オンワード樫山)に『バーバリー ブラックレーベル』などが売れています」と話す。



 西武池袋本店では、売れ筋の価格帯が例年5万円台のところ、今夏は6万~7万円にワンランク上がった。「奥さんから『新調してもよい』といわれてつくりに来た、というお客様もいました」という。



 そごう西武では、プロパー(正価)商品の販売も積極的に展開しようと、今夏は例年の1.6倍を品揃えしたが、これが奏功。婦人服のワンピースやブラウスでも、例年より2000円前後高めの商品が売れているという。








前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000000-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」


FX伝承~タムラ式マンツーマンコンサル&レッスン~


【簡単投資】イージーバイナリーオプション




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1134-b792fba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)