Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<輸入車販売好調>上半期シェア 過去最高の8.1%

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


<輸入車販売好調>上半期シェア 過去最高の8.1%


毎日新聞 7月30日(火)7時30分配信










<輸入車販売好調>上半期シェア 過去最高の8.1%


販売好調なロールス・ロイスの最高級モデル「ファントム」。価格は5453万円





 ◇手ごろな小型車/超高級車にも風



 外国メーカー車の輸入販売が好調だ。軽自動車を除く今年上半期(1~6月)の新車販売台数に占める外国メーカーの輸入車のシェアは8.1%で過去最高となった。欧州各社が高級車に軸足を置いた従来の販売戦略を転換し、150万円前後と手ごろな価格の小型車を強化したことが最大の要因。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復傾向を追い風に、1000万円以上の超高級車も堅調だ。

【世界初、歩行者エアバッグも】写真特集:ボルボ 新型車V40 価格は200万円台から

 ◇上半期、シェア最高の8.1%



 日本自動車輸入組合によると、外国メーカーの輸入車の上半期販売台数は前年同期比12.6%増の13万3247台と大幅増。11年ぶりに13万台を突破し、過去最高だった1997年の約16万7000台に迫る史上4番目の多さだった。



 欧州メーカーは環境への配慮を重視し、ここ数年、燃費のよい小型車の開発・販売を強化している。環境性能の高いディーゼル車やターボ車など品ぞろえも拡大したことで、元々小型車人気が高い日本市場で広く受け入れられたようだ。同組合の上野金太郎理事長(メルセデス・ベンツ日本社長)は「日本市場に適した車を投入したことで、ユーザーの選択肢が広がった」と話す。



 外国メーカーの上半期販売台数のトップは独フォルクスワーゲン(VW)で3万2842台(13.7%増)と過去最高を更新した。昨年10月に、149万円からの低価格で発売した排気量1000CCの小型車「up!(アップ)」がヒットしたことが奏功した。アップは既に累計1万台以上を売り上げている。



 独メルセデス・ベンツや、スウェーデンのボルボの小型車も健闘しており、いずれも輸入車販売台数でトップ10に入る。独BMWの小型車「ミニ」(1600CC)も好調で今年第2四半期(4~6月)の外国車販売台数ではトップを維持した。



 一方、英ベントレーや英ロールスロイス、イタリアのフェラーリなどの超高級車の上半期販売台数も前年同期比1~2割増と好調。「アベノミクス効果に伴う景況感の改善で購買意欲が高まっている」(高級車ディーラー)とされる。ただ、円安・ユーロ高で輸入価格が上昇しており、「為替変動が長期にわたれば影響が出る」(上野理事長)と懸念も強まっている。



 好調な外国メーカー車に対し、国内市場全体の上半期の自動車販売台数は11.6%減の約164万台と大きく落ち込んだ。昨年のエコカー補助金終了に伴う反動減が響き、国内メーカーが苦戦しているためだ。国内メーカーは低燃費が売りの新型ハイブリッド車や軽自動車を相次いで投入しており、巻き返しを図る構えだ。【松倉佑輔】



 ◇輸入車◇



 日本が輸入障壁である関税を1978年に撤廃したのに伴い、外国メーカーの輸入乗用車は急増、2012年は撤廃前年の5.8倍に上る約24万台に達した。一方、海外では日本車に対する輸入障壁が残り、乗用車では米国が2.5%、欧州連合(EU)が10%、中国では25%もの関税がかけられている。厳しい環境の中、日本メーカーは海外での現地生産を増やすなどして対応し、現在は輸入車の約20%が日本メーカーの海外生産分というのが現状だ。



 一方、日本の軽自動車に対しては、欧米から「非関税障壁」との批判が強い。排気量660CC以下という日本独自規格で税制面の優遇措置があるためだ。外国メーカーは小型車投入を軽自動車対策としても位置づけている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000006-maiall-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX OHANA式トレード第一巻


『世界基準FX~New Balancer PRO』米国トップトレーダーたちが絶賛したロジック!マーケットに対し圧倒的な優位性を持ったロジックで、今すぐあなたも最上級のトレードをマスターしてみませんか?


FX OHANA式トレード第一巻




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1131-ba0a3cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)