Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

今週の米株はFRB動向が最大の材料、雇用統計など目白押し

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


今週の米株はFRB動向が最大の材料、雇用統計など目白押し


ロイター 7月29日(月)11時28分配信










今週の米株はFRB動向が最大の材料、雇用統計など目白押し


7月28日、今週の米株式市場は、米連邦公開市場委員会、米雇用統計、相次ぐ米企業決算と3つのイベントを控え、この夏最も注目される週を迎える可能性がある。ニューヨーク証券取引所で26日撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)





[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米株式市場は今週、7月30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、8月2日の米雇用統計、相次ぐ米企業決算、と3つのイベントを控え、この夏最も注目される週を迎える可能性がある。



3つのうち、市場を動揺させる可能性が最も高いのはFOMC。FOMCは31日に声明を発表する予定。



米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が5月下旬、景気が回復した場合にFRBが刺激策を縮小する計画に言及したことは市場に衝撃を与えた。投資家はそれ以後、議長の発言ひとつひとつに注目している。



コザド・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ブライアント・エバンズ氏は「FRBは多くを語らずとも、投資家を恐れさせることも勇気づけることも容易にできる」と指摘。FRBは「市場の最も大きな反射的反応を引き起こす傾向がある」と述べた。



FRBは量的緩和策の一環として、金利を低く抑え、経済成長を促すため、米国債や他の債券を毎月購入している。FRBの刺激策を一因に、米株市場は年初来おおむね上昇を続けてきたが、5月22日のバーナンキ議長の発言を受けて急落。米S&P総合500種指数はその後の1カ月で6%近く下落した。ただ、議長をはじめとするFRB当局者がその後、市場の沈静化に努めたことで、市場の下げは解消された。議長は7月17日、FRBの刺激策縮小の時期は確定していないと述べ、再び市場を安心させた。S&P総合500種<.SPX>は年初来18.6%上昇している。



先週の米株市場は、決算への注目が高まるなか、取引は一段と控えめとなった。S&P総合500種は週間ベースで0.03%安で終了。その前の週までは4週連続で上昇していた。



アナリストの間には、株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>が多くのボラティリティーを織り込んでいないとの見方もあり、センチメントのシフトはまだ起こりうる。VIX指数は先週末1.9%下げ、12.72で取引を終えた。



WhatsTrading.comのオプションストラテジスト、フレデリック・ルフィー氏は、「ボラティリティーは(今週)上昇すると予想する」と述べた。



市場の注目は、2014年1月末の任期満了をもって退任すると見られているバーナンキ議長の後任人事にも移りつつある。ホワイトハウス高官は26日、後任人事は秋まで発表されない公算が大きいと明らかにした。



<p /><雇用がすべて>



8月2日には7月の米雇用統計が労働省から発表される。雇用市場の回復はFRBの金融政策の将来を握るカギとみられている。FRBは、失業率が6.5%に低下するまでは過去最低水準の政策金利を維持する、としている。



ロイターのエコノミスト調査では、7月の非農業部門雇用者数は前月比18万5000人増となり、増加幅は6月の19万5000人をやや下回ると予想される。失業率は7.5%となり、6月の7.6%から若干低下すると予想される。



コザド・アセット・マネジメントのエバンズ氏は「雇用の面では、7月は歴史的にいろいろなことが起こる傾向にある。7月には工場の操業停止がよくあり、農業部門では離職が起こる」と述べた。



アナリストはこれまで、就業者数の大幅増加がFRBによる早期の債券買い入れ終了につながる可能性を懸念してきたが、今月発表された6月の雇用統計で雇用者数の増加が予想をはるかに上回ったことを受けて株価は大幅に上昇した。



7月の雇用統計は今週最も大きな経済ニュースの一つになるとみられるが、このほかにも今週は、第2・四半期米国内総生産(GDP)速報値や7月米シカゴ地区購買部協会景気指数といった主要経済指標の発表が控えている。



<p /><決算シーズン折り返し>



米S&P総合500種指数採用企業のうち259社がすでに決算発表を終え、決算シーズンは後半に入った。今週はタイム・ワーナー・ケーブル<TWC.N>、シェブロン<CVX.N>、コーチ<COH.N>、USスチール<X.N>、オールステート<ALL.N>など幅広い業種から131社が発表予定。



シーズン初めの決算が予想を上回ったことを受け、第2・四半期の増益率見通しは改善。トムソン・ロイターのデータによると、第2・四半期の利益は現在4.1%増と予想され、前週の2.8%増から押し上げられている。



一方、市場では、決算内容に支援され上昇していた銘柄が利食い売りの対象となる可能性を指摘する声もある。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130729-00000037-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



初心者でも一目瞭然!サインと音声のお知らせにより売買タイミングに悩む必要なし。不死鳥FXセミナーパック


ここでしか聞けない秘密の技と製作裏話が満載!ジャスミン吉村直伝の不死鳥-FXセミナー


Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1130-43f72c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)