Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米ドル主役の相場が続く、クロス円は小動きに=外為どっとコム総研

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


米ドル主役の相場が続く、クロス円は小動きに=外為どっとコム総研


サーチナ 7月26日(金)12時0分配信










米ドル主役の相場が続く、クロス円は小動きに=外為どっとコム総研


日本で参議院選挙が終わり、与党が圧勝するという結果に終わったにもかかわらず、為替相場の反応は限定的で、1ドル=99円-101円でもみ合う展開になっている。外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長兼上席研究員の神田卓也氏に、日本円を中心にして、当面の為替相場の見通しについて聞いた。(写真はサーチナ撮影)





 日本で参議院選挙が終わり、与党が圧勝するという結果に終わったにもかかわらず、為替相場の反応は限定的で、1ドル=99円-101円でもみ合う展開になっている。外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長兼上席研究員の神田卓也氏に、日本円を中心にして、当面の為替相場の見通しについて聞いた。(写真はサーチナ撮影)



――8月は「夏枯れ」といわれるように、市場参加者が減少し、相場も膠着するイメージがあるのですが、今年の8月相場は、どうなると考えますか?



 一般的に、ボリューム自体は減少する傾向があるのですが、そうした中で、8月はお盆休み前に日本の輸出企業が、ある程度まとめてドル売り・円買いの手当てをするということが多かったので、円高になりやすい月でした。また、2月と8月はアメリカで国債の発行量が多いので、米国債の利払いや償還も多くなります。日本の機関投資家は大量に米国債を保有しているため、米国債の利金を円に換える動きも加わり、ドル安・円高に振れやすいという傾向がありました。



 ところが、最近では、貿易収支が2013年1月-6月の半年間で過去最大の赤字となっていることなどから、ドル/円における実需の動きは輸出企業によるドル売り超から輸入企業によるドル買い超に転じている可能性が高いと見られます。したがって、過去の経験則があてはまらない状況になっています。



――参院選で自民党が圧勝するという選挙結果が出ましたが、市場の反応は限定的でした。春先に比べると、イベントに対する反応が鈍くなっているようですが?



 今春は「アベノミクス」を材料にして、一本調子の円安になりましたが、もはや「期待」だけで市場が動くという局面は終わったのだと考えた方が良いでしょう。



 たとえば、衆参のねじれが解消し、与党の政策が実行しやすい環境となったので、景気回復期待が高まるとすると、デフレ脱却の期待が高まると同時に、日本の金利上昇につながる要因となります。また、景気に力強さが戻れば、2014年4月に予定されている消費増税も実行され、日本の財政破綻懸念が幾分後退する事になります。また、足元の景気回復によって4-6月のGDPは先進各国の中で、日本がもっとも高くなるとの見方が一般的です。これらは、円高要因と見ることも可能です。



 したがって、「アベノミクスで円安(円高是正)」という一方的な見方で、円安が進むとは考えにくくなっているのです。それでも、1ドル=100円前後を維持しているのは、「ドル高期待」が背景にあるためで、今後は米国の経済指標、日米金利差といった実際的な情報を材料にして、市場が動く局面だと思います。



――当面のドル/円相場の見方は?



 米国が量的緩和の縮小に動くのは、9月か12月という年内であるという点は、市場は織り込んできたと思います。FRBのバーナンキ議長は、量的緩和の縮小と利上げとは、別次元の話だということを強調していますので、量的緩和の縮小だけでは米金利の上昇とドル高が大きく進む可能性は小さいと思います。これからの材料になるのは、来年半ばには終了すると見られている量的緩和の終了時期が前倒しになるか、あるいは、米国が利上げを検討するような局面が訪れるかどうかです。



 日本の貿易赤字や米国の景気回復基調などから、ドル高・円安基調に大きな変化はないと見ていますが、それでも9月のFOMCまでは、これまでのレンジである1ドル=97円-103円の中で、大きく動きにくい展開になると考えます。7月、8月の雇用統計など経済指標が市場の事前予想を上回る強い数値になった場合は、103円をめざす動きになるでしょうが、当面は、5月高値の103円73銭を抜けてドル高が進むような展開は難しいと見ています。



――豪ドル/円は、中国の景気減速などを受けてクロス円の中でも弱い動きになっていますが、この見通しは?



 米ドルが主役になるような展開の中では、クロス円の相場は動きにくくなります。たとえば、米国景気の回復期待からドル高が進む場面では、ドル/円が上昇する一方で、豪ドル/米ドルが下落しやすくなるため、豪ドル/円は、豪ドル安と円安の板ばさみで、上下どちらにも動きにくくなるのです。反対にドル安が進む場合も然りです。



 また、豪中銀の利下げ姿勢が変わっていないことや、中国の成長ペースが鈍化していることなどから、豪ドル買いの気運が高まりにくい状況です。中国ショックのようなことが起こらなければ、6月の安値である1豪ドル=88円94銭を割り込むほどに売られることはないと思いますが、一方で、1豪ドル=95円を超えて値上がりすることも考えにくい状況です。当面は、1豪ドル=90円-95円の間で静かな値動きになると見ています。



――その他、注目の通貨ペアは?



 少し、中期的なスタンスに立てば、カナダドル/円は1カナダドル=110円を目指す展開を見込んでいます。6月にカナダ中銀の新総裁に就任したポロズ氏は、従来の“ハト派”という評価に対して、総裁就任後の発言では、意外と“タカ派”的な姿勢をみせています。北米経済圏として米国とカナダの経済には連動性が強く、米国が量的緩和の縮小から終了へ向かうのであれば、カナダは、一歩踏み込んで利上げを実行することが考えられます。



 利上げに関する姿勢は、米国よりもカナダの方が一段強いので、ドル/円でドル高・円安が進む以上に、カナダドル/円では円安が進みやすいとみます。じっくりと取り組むのであれば、カナダドル/円には、現在の1カナダドル=90円台後半から、10円以上、15円程度の値幅が取れる可能性があると思います。



 ただ、カナダドルは資源国通貨としての側面もあるため、資源価格の動向に影響される場面も少なくありません。特に、足元で高止まりしている原油相場が、何かのきっかけで崩れてしまうと、連れ安する可能性がある点には注意が必要です。(編集担当:徳永浩)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130726-00000024-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXパーフェクトマニュアル


かんたん逆スキャFX


生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1123-e11297c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)