Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

三井住友銀、ソシエテ信託銀買収で合意 富裕層向け事業強化に狙い

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


三井住友銀、ソシエテ信託銀買収で合意 富裕層向け事業強化に狙い


SankeiBiz 7月25日(木)8時15分配信







 三井住友銀行は24日、仏銀行大手ソシエテ・ジェネラルの日本法人であるソシエテジェネラル信託銀行(東京)を買収することで合意したと発表した。ソシエテジェネラル信託銀行が持つ顧客基盤を引き継ぎ、富裕層向け事業を強化する。三井住友銀行は、3メガバンクで唯一、グループ内に信託銀行を持っていなかったが、買収を機に信託業務の本格展開に乗り出す。



 ソシエテジェネラル信託銀行の全株式を取得し、子会社化する。取得額は数百億円規模になるとみられる。株式取得完了後、三井住友銀行は役員を派遣する。



 ソシエテジェネラル信託銀行の預かり資産は4079億円(3月末現在)。東京と大阪に拠点を持ち、顧客の大半が1億円以上の資産を持つ資産家。三井住友銀行は、今回の買収で、富裕層向け金融商品のノウハウを取り込み、顧客の運用状況にあわせたオーダーメード型の金融商品を提供するほか、相続や資産継承などの需要も取り込み、収益力向上を目指す。



 三井住友銀行は、2002年に信託業務の兼営認可を取得し、信託ビジネスに参入。現在、自前で遺言信託や遺産整理業務を手がけているが、年金信託や証券代行業務については、三井住友信託銀行と代理店契約を結んで展開している。



 一方、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に伴う市況の好転で、資産運用や相続、資産継承の需要は高まっている。三井住友銀行は10年から富裕層向け事業で英大手銀バークレイズと協業しているが、高収益が期待できる信託関連業務の強化が課題となっていた。



 今回の買収は、今年5月に三井住友銀行がソシエテ側に買収を打診。欧州の景気低迷で資産圧縮を急ぐソシエテと三井住友銀行の思惑が一致した。三井住友銀行は取り扱いができなかった収益性の高い不動産仲介業も手がけることが可能になり、今後信託ビジネスをめぐる3メガの競争は激しくなりそうだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00000061-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX革命DX


毎月安定した副収入を得るための「安心」「安全」資産運用型FX【NexusFX】~ネクサスFX~


FX革命DX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1118-67f1ddd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)