Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

デフレギャップと乗数理論、解決策はネットワークビジネス

クリック!なぜ、あなたのビジネスは失敗に終わったか?

20111211172433636.jpg


現在の日本は、デフレだと言われている。

デフレギャップとは

実際の需要が潜在供給を下回った場合の差をデフレギャップという。
     
たとえば、実際の需要が80、潜在供給が100であるとすると、

需給ギャップ(実際の需要と潜在供給の差)は、マイナス20(80-100=-20)となる。

このマイナスの需給ギャップがデフレギャップ
  
デフレギャップは、不況時に起こりやすい現象。

このとき、市場メカニズムが働かない(価格が下がっても、需要が増えない)と、

経済はデフレ現象に陥ってしまう。


デフレギャップ解消するには、政府が需要を増やす必要がある。
  
需要を増やす政策には、政府支出増大、減税、金融緩和政策がある。

これを総需要拡大政策という。


ところが、政府は消費税増税をしようとしている。

財政赤字、1000兆円をなんとかしなければけないということらしい。

デフレギャップ解消するには、減税がセオリー、増税して大丈夫か。


乗数理論とは

経済全体の投資需要が1兆円増えたとすると、この1兆円はどこかの企業に対する需要となり、

さらに最終的にはその企業の社員たちの所得になる。

その企業の社員たちが、この新たな所得1兆円のうち一定割合、

例えばc(0〈c〈1)の割合だけを消費するとすると、このc兆円はまた別の企業に対する需要となり、

さらに最終的にはこの別の企業の社員たちの所得になる。

このプロセスは無限に続くから、最終的に当初の1兆円の需要増は、

1+c+c^2+c^3+…=1/(1‐c)となるが、1‐cは1より小さいので、

結局もとの1兆円の需要増の数倍の需要が最終的に経済内に作り出されることになる。

例えば、消費性向cが0.8であったとすれば、1/(1‐c)は5になるため、

1兆円の当初の需要増は最終的に経済内に5兆円の需要を作り出すことになる。

このプロセスのことを乗数効果といい、この理論のことを乗数理論という。


個人でデフレギャップを埋めることができないか、

個人で乗数理論により需要を作り出すことができないか、

ようするに政府任せにせず、国民それぞれが日本経済を活性化する方法がないのか、

それを考えたとき、一つの答えが浮かび上がる。

三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネスだ。

三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネスでやることは、

需要の喚起と個人での投資だ。

三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネスでは、

商品のよさを伝えて、需要の拡大に貢献する。ようするに日本には優秀なセールスマンが少ない。

それを補完するのが、三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネス

三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネスでは会員は、毎月、投資をする。

たとえ毎月1万円でも乗数効果により5倍の5万円が経済効果となる。


三基商事フォーデイズなどのネットワークビジネスは、けっして評判のいいものではない。

口コミセミナー中心の勧誘評判を落としたり、苦情を言われたりする。

だけど、ブラックになるのを恐れていたら、日本経済はジリ貧だ。

日本経済の現状今後の日本経済を考えた場合、自助の精神

ネットワークビジネスにぶつけてみるのがベストではないだろうか。

クリック!インターネットで成功する唯一の方法!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/111-f2d4d746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)