Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

銀行貸出が増え始めている・・・インフレへの転換の兆しか

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。

今年になってから銀行貸出残高が増え始めている。これはアベノミクスと黒田日銀総裁が目指すマイルド・インフレ(消費者物価指数で2%程度)への転換が起こる兆しかもしれない。

まず復習から。
日銀が金融機関から国債を大量に買うと、その資金は日銀に置かれている民間銀行の当座預金残高として積み上がる。黒田総裁・日銀が政策手段として掲げているベースマネー(の増加)とは、この日銀当座預金残高+日銀券発行残高の合計だから、日銀の国債購入でベースマネーは増える。

しかし通貨供給量(マネーストック)とは、個人や法人が銀行に置いている流動性預金の残高+日銀券発行残高だから、上記の日銀当座預金が増えただけでは通貨供給量は増えない。物価とは総商品量とマネーの交換比率だから、通貨供給量が増えなければ、インフレ率も上昇しない。

では通貨供給量が増えるには何が必要か? 銀行貸出の増加である。銀行が貸出をすると、その資金は債務者の預金勘定に入金され、預金が増える。その預金は各種の支払いに当てられて別の預金者の名義に換わるだろうが、銀行セクター全体では、銀行のバランスシートの資産サイドに「貸出増」が生じ、負債サイドには「預金増」が生じる。

つまりマネー供給量の増加は、銀行部門の貸出と預金の両建ての増加で生じるものだ。

したがって、大胆な量的金融緩和が通貨供給量の増加を通じてマイルドインフレにつながるかどうかは、銀行貸出の変化をウオッチしていれば良いということになる。

グラフは日銀の資金循環統計からとった銀行貸出残高と前期比伸び率の推移だ。

伸び率は昨年9月までは2%台にとどまっていたが、昨年12月から足元の今年3月まで伸び率4%に上げって来ている! 前回の景気回復期の後半だった2006年-07年でも伸び率は2%前後にとどまっていたのだから、これはこれまでとは違った変化が生じている兆しかもしれない。

「貸出が増えたって、不動産や株式購入とか資産購入に回るだけじゃ、最終消費需要の増加につながらないから、インフレ率の上昇にもならないのでは?」

必ずしもそうではなかろう。不動産を買うために借りた人の消費は増えないだろうが、不動産を売った人はマネーを受け取ることになる。そのマネーが消費に回る可能性がある。

また対象の不動産が、新築の住宅や商業ビルである場合は、貸出金の増加は民間の住宅建設、商業ビル建設という投資需要につながったことを意味する。 それ以上に、不動産や株価など資産価格が上昇すれば、資産効果で消費が増える。

現在のマクロ需給ギャップはまだ供給超過だが、その幅は縮んできている。
このまま消費の増加と景気の回復が持続すれば、マイナスの需給ギャップは2014年から15年にかけてほぼ解消される可能性が高い。

需給関係がタイト化するわけだから、物価上昇が起こるだろう。実際90年代以降の日本の物価動向はベースマネーの変化ではなく、マクロ的な需給ギャップの変化との相関性が高いことがわかっている。

とりあえず足元の変化は、アベノミクス・黒田日銀総裁にとって意図した方向に進んでいると言えるだろう。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takenakamasaharu/20130721-00026585/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・リアルタイム売買シグナル感知ソフトアラーム通知機能&FXポイントマニュアルおまけ付き!


【8月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》1ヶ月コース


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX USD/JPYペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1109-d40a6792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)