Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

消費金額増減、世帯年収800万円ラインで変化 所得増で貯金増の調査結果も

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


消費金額増減、世帯年収800万円ラインで変化 所得増で貯金増の調査結果も


MONEYzine 7月20日(土)14時0分配信







 アベノミクス効果で日経平均株価が大幅に上昇するなど、一部で景気の改善もみられるが、一般の人々の消費動向はどのような状況だろうか。



 マクロミルは、一般消費者の消費の実態を知るため、5月と6月の一般消費者の1週間あたりの消費行動について調べ、その内容を分析した。調査対象は、全国の20~69歳のモニター会員の男女1,000名。



 昨年と今年の5月と6月の1週間あたりの消費金額について調べると、昨年が1万6,500円だったのに対し、今年は1万6,000円で微減だった。



 また、世帯年収800万円未満を中低所得者層、800万円以上を高所得者層と定義して世帯年収別に調査結果をまとめたところ、高所得者層の1週間の消費金額は2万3,400円で、前年より600円プラスになっているのに対し、中低所得者層は1万4,500円で600円マイナスだった。いずれも600円の増減だが、高所得者は改善が見られ、中低所得者は悪化している様子がうかがえる。



 一方、パートナーエージェントは、未婚の30歳~39歳の男女それぞれ1,200人を対象に、年収が150万円増えたと仮定して、どんなことに積極的になるのかを調べた。調査期間は7月3日から5日。



 調査結果によると、年収が増えた場合、どの項目においても「増える 積極的になる」が「減る 消極的になる」を上回るなか、最も顕著だったのは「貯金するお金」で、「とても増える(18.9%)」と「増える(50.5%)」をあわせて69.4%の人が貯金を増やすと答えた。以下は「趣味にかけるお金(60.0%)」「旅行の頻度(47.7%)」「衣服にかけるお金(45.6%)」「食事にかけるお金(43.5%)」と続いた。



 株高などの効果で、一部の高所得層の消費は上向いているが、多くの人は所得が増えても貯蓄を優先しようと考えているようだ。





(サイトウ イサム 、 加藤 秀行)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130720-00000000-sh_mon-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Mr.コージ最新作!鉄板指標マスターFX~目指せ!1日5分の専業トレーダー!!~


【8月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》4ヵ月コース


【8月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》2ヵ月コース




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1107-7c2f1740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)