Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

雇用は良好でも景気は脆弱 楽観できない米国経済の今後

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


雇用は良好でも景気は脆弱 楽観できない米国経済の今後


ダイヤモンド・オンライン 7月18日(木)8時30分配信







 世界の市場関係者が固唾をのんで待った米国の雇用統計は、予想以上に良好な結果となった。



 7月5日に発表された6月の非農業部門新規雇用者数は、前月比19万5000人増と市場予想を3万人上回った。失業率は7.6%で前月と変わらずだが、この調子で雇用増が続けば、今後順調に低下していくとみられている。



 これを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)は9月には量的緩和の縮小を開始する、との見方が濃厚になった。同日の長期金利は2.5%から2.7%まで跳ね上がったが、一方で米国景気への楽観が広まり、ダウ平均株価は上昇した。



 今回の雇用増は、特に小売業とレジャー関連で顕著だった。背景には、良好な消費者のマインドがある。それを支えているのが、住宅価格と株価の上昇である。「雇用が伸びることで住宅の需要が伸び、担保価値増大で家計が改善して消費が伸びる、という好循環が起きている」(小野亮・みずほ総合研究所主席研究員)。金融危機の発端となり、その後の米国経済の重しであった住宅市場と家計の改善の意味は大きい。



● 多分にリスク含みの景気



 だが、米国経済は決して盤石の状況ではない。



 企業の業況、特に製造業は芳しくない。6月の製造業ISM景気指数は50.9で、好不況の分岐点となる50を何とか上回る水準だ。フルスロットルの金融緩和を続けているにもかかわらず、銀行貸し出しも伸びていない。さらに懸念されるのは、物価に下落圧力がかかっていることだ。指標とされるPCEコアインフレ率は、4月以降1.1%に張りついている。



 総じて見れば、米国の景気は“改善を続けているものの、勢いは弱い”ということだ。





 にもかかわらず、なぜ量的緩和縮小に向かおうとしているのか。一つには、大規模な量的緩和がもたらす弊害に対して、FRB内で懸念が大きくなっていることがある。資産バブルと財政規律の緩みへの懸念である。そして、失業率を量的緩和縮小の一つの条件として提示している以上、雇用の改善が続けば緩和継続は正当化しにくい。来年1月に確実視されるFRB議長の交代前に、出口への道筋をつけておきたい、という思惑もあろう。



 しかし、住宅価格や株価の上昇、消費の好調など、「今、良好な面は金融政策頼み」(鈴木敏之・三菱東京UFJ銀行シニアマーケットエコノミスト)なのが現実だ。出口戦略が現実となったときには、これまでの流れが逆転しかねない。「バブルは防げるが、成長率も低下する。年内は持っても、来年の景気は相当厳しくなるだろう」(白川浩道・クレディ・スイス証券チーフ・エコノミスト)。



 鍵を握るのは、金利の上昇をどこまで抑え込めるかだ。FRBは量的緩和の縮小に踏み切っても、ゼロ金利政策は当面継続を強調するはずだ。だが、市場が手のひらを返す可能性は小さくない。



 もしリスクが顕在化すれば、影響は全世界に波及する。今後の米国の景気動向には、警戒が必要である。



 (「週刊ダイヤモンド」編集部 河野拓郎)





週刊ダイヤモンド編集部







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130718-00038868-diamond-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



★フォワードで証明!【1年版】FX為替予想GIMMIC リスク分散型自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!


FX Professional Trading


逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1103-76bba6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)